スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアゴスティーニ「安土城をつくる」6号

久々に散髪行ってスッキリ~ ヽ(´-`)ノ
・・・なんだけど最近ロクな事が無くて気分はどんより。('A`)

え~、今回からようやく1階の普請に入る訳ですが、他の方のブログを御覧頂けば分かります通り、此の先長期に渡って延々と地味な作業が続きます。
またワシ自身、今迄の6階と違ってそんなに思い入れも無くネタも尽きております故、黒塗装部分に引き続きカシューを使うくらいで、もうそんなに面白い事はしません(出来ません)が、宜しければ今後もお付き合いの程。m(_ _)m

では本題。
久々のパーツチェックから。
de157.jpg
二つに分割された南側床板の他は柱・敷居・襖という単純な構成。
揃っているのを確認したら、先ず床板を引っ張り出して確認。
タカメさんトコみたいな致命的な反りは無く一安心・・・っつーかほとんど水平でなかなか優秀!!
やれば出来るじゃないかデアゴ。(´-`)ノ (De)

しかし、二つを引っ付けて見て愕然とする。
de158.jpg
接合部丸出しですやんっ!! (@_@)

6階の様に塗装してしまうならどうとでも出来るが、此の一階に関しては白木仕様にするつもりだったので、此れはかなり頭の痛い状況だ。
あと接合方法もガイド通りだと断面にボンド塗って貼り付けるだけなので、何となく強度に不安を感じる・・・粗忽者やしな、ワシ。
なので此れは両方どうにかせねばなるまい。

・・・という訳で、先ず接合の補強準備から。
両床板断面の対象位置数箇所にピンバイス(要するにドリルね)で穴を開け、そこに百均で買った1.2mm真鍮線を適当な長さに切り、瞬着を塗って片側に差し込む。
de159.jpg
あとはガイド通りボンドを塗って合体させるだけ。
此れで手荒に扱っても平気なのでちょっと安心。

次に問題の接合部。
木工の世界だとこういう場合、「との粉」「木工パテ」「木くずに木工ボンドか御飯粒を混ぜたモノ」を使ったりするのをよく聞くけど、どれも微妙に色が変わってしまうので今回の様なケースにはあまり有効とは思えない。
そこでワシの薄~い知識を総動員して思い浮かぶ方法が二つ。
世間では「木口テープ」という天然木製のテープが存在するので、それを接合部辺り、もしくは武者走り(一番外側の廊下部分)全てに貼り付けると言うのが一つ目。
但しこちらは木口テープ(シナ材用)を買いに行かねばならないのは勿論、此処まで作業すれば分かる通り、同じシナベニヤでも個体によって多少なりとも色が違ったりするもんで、やるならば後者の武者走り全部に貼るくらいじゃないと意味無いかもしれないから結構面倒。
なので必然的に二つ目の方法を取る事に成る訳だが、こちらは力技だが至って単純。
合板は名前の通り複数の板を木目を交互にして貼り合わせて有る物なので、要するにその最上層だけ剥いで移植すれば良い訳さ。
しかも移植元を同じ板の同じ層にすれば、色目もほとんど変わらないだろうから尚良し。

では実際に作業を進めて行きましょう。
最初に完成後見えてしまう「武者走りの接合部周り」のサイズを計る。
次に完成後は畳を敷いて隠れてしまう場所に同じサイズの切れ目を最上層の厚み分ナイフで入れ(下写真左)、今度はナイフを断面から入れて最上層のみを剥ぐ(下写真右)。
de160.jpg

それを、同じ方法で最上層のみを剥がした「武者走りの接合部周り」に接着し(下写真左)、ヤスリ等でレベルを合わせた後、手持ちのエッチング鋸やらBMCタガネやらで元有った通りの筋目を入れれば此の通り(下写真右)。
de161.jpg
ロングで見るとこんな感じ。
de162.jpg
ほとんど分からん様に成りまっしゃろ?

一応剥ぎ取った部位も、写真の通り今迄の余剰パーツを貼ってレベルを合わせてありますが、今後畳はめて問題無いのなら必要の無い作業ですわな。

こうして接合完了した床板の断面と上下の一部を、最新の12号のガイドに従って黒く着色したのだけど・・・
de163.jpg
ギャーっ
毛細管現象で木目を伝って余計な部分にまでカシューがぁっっ!!!
くっ、油断してた。
今後壁やら柱やら付ければ隠れるトコなら構わんが、一部そうでないトコまで伝わっとるがな。
こんな事ならマスキングなんかせんと、原液近い濃度のを手塗りすれば良かった・・・マスキングの鬼門状態は未だ続いとるのな。_| ̄|○
こういう失敗はあまり記事化したく無いのだが、こうして書いとけば見知らぬ誰かが同じ轍を踏まずに済むかもしれないので敢て記述しときます。

涙目で著しくテンション下がりながらも、前述の移植方法を再び駆使してリカバー。
de164.jpg
うむ、剥いだ跡が増えてるけども(笑)、肝心の移植部はパッと見では分からんだろう。
少なくともカミさんの素人目は誤魔化せたし。( ; ‘e‘)
因みに剥ぎ跡に貼られてる余剰パーツ、何故こんなに持ってるかと言うと、6階の華頭窓扉を始め、色々な場所がこっそりプラ板に置き換えられてるからです。

此の後、武者走りの部分だけ1000番くらいまでペーパーがけして手触りをスベスベに。
ん~、でもホントに此のまま何もせんでエエんやろか?
ラグにゃんさんランピさんの様なオイルステン仕上げには非常に心魅かれる所なんだが・・・などと考えてると、カミさんが何やら見慣れぬ小瓶を手渡して来た。

キヌカ?
de165b.jpg
米糠で作ったワックスだそうだ。
天然素材だから赤ちゃんが舐めても大丈夫・・・って言われても、ウチには関係ないが。
で、此れを使えと?
そういえばちょっと前、松本城の床を地元の子供達が米糠と砕いた胡桃で磨くイベントが有ったなんて記事を新聞で読んだな。
分かった、保護の為にも有り難く使わせて貰う事にするよ・・・何故こんな物がウチに有るのかは聞かずに(苦笑)。

早速塗ってみたのが下の写真(左:Before 右:after)。
de166b.jpg
ほほぉ、ちょっと濡れた感じに成るのね。
白木仕様である事には違い無いから此れで行くわ。

此処で予め黒カシューの塗装&磨き処理を済ませておいた柱と敷居パーツを用意。
de167b.jpg
いや、まぁ数も有るのでその行程が一番時間かかってるんですけどね・・・。(^^;)

それらをガイドの指示通り床板に嵌め込めば、6号の作業は完了
de168b.jpg
因みに柱は、接着すると後で畳入れるのが大変そうだと聞いてるので、現状では差し込んであるだけ。
また不要な「ほぞ穴」は全て埋めてあります。
以上お疲れさまでした <(_ _)>

う~む、床板のリカバーに時間食ったけど、それ以外は単純作業なので割とチンタラやっててもそれなりに進むな。
今後はペースを上げて、出来るだけ追い付いて行きたいなぁ・・・なんて思ってるけどワシの事だし・・・。


P.S.
此の安土城もそうだけど、近年の出版業界不況を乗り切る為なのか、庶民のなけなしのお小遣いやタンス預金を狙って、最近では大手からもこういう「週刊~」みたいなシリーズが続々発売されて来てますなぁ。
・・・ったく、人が安土城築城に全力投球してるタイミングでNHK世界遺産DVDとかタイガースDVDとか出しやがるんだもんな・・・前者は好きなトコだけ、後者はパスせねば仕方ないか。
問題は今後だ。
「週刊Me262」と「週刊ティーガーII」だったら断腸の思いながらパス出来るとしても、「週刊ランボルギーニ・ミウラ」なんて出された日には(←出ねーよ)、きっと間違い無く手を出してしまうだろう。
あな恐ろしや。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

でもよっちゃんパパさんみたいに両立したり出来ないので、どうか各出版社さん、出す場合はくれぐれも2年後でお願い致します。m(_ _)m

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

コメント

非公開コメント

進んでいますな。

うりざねさん今日は。
やっと床板張り合わせとなり、これで1階の塗装地獄に入りそうですね(笑)

床板張り合わせでは私も奇麗にはって接合部のスジに目をつむり、カシューを塗って仕上がった床板を落下させてしまってまっぷたつに!と言う事態を2回繰り返して接着剤を瞬着に変更しました(泣)
接着面が合板の断面と言う事でボンドがしみ込み難いので瞬着の方が良さそうですよね。
ピンを入れるのも考えましたが、ピンを入れる孔がうまくあきそうもないのであきらめました。

ところでうりざねさんは室内柱もすべてカシュー後に磨いて行く予定ですか?
私はこれから先(きっと恐ろしい数の柱や敷居,鴨居が)の事を考えて室内は塗りっぱなしのグロスでいこうと思っていますが……。
ていうか逃げただけ?

床も白木は、新しいウチは奇麗で良いんですが,必ず黄ばんで来たりするので保護は必要ですね。
で、キヌカ? ワックスですか。
自然素材でいい感じですね,
ちなみにワトコにもワックスは有ります。

ウチの方は明日から(今日は夜勤の休日出勤です)10連休に入りますので、せめて13号までは完成させたいと思っています。

あ、消防車出来ました。

No title

うちの6号部品はハズレのようで反りがひどいんで買い直すか検討中です。
(タカメさんのブログでアイロン当てて直す書き込みがあったのでダメもとで試してみてから)

いやぁ両立はやっぱりきっついですよ。
とりあえずハーレーの終わりがそろそろ見えてきたのでお城作りにやっと専念できるかと。
機関車が終わる夏頃には零戦が発売されるようで興味津々で待っております。

まったくもってデアゴスティーニに弄ばれているようですがまっいっか~と開き直ってます。
3シリーズも買っているもんだから書店の店員さんも対応が迅速で丁寧!



>ラグにゃんさんへ

ラグにゃんさん、いらっしゃませ~!!
コメント有難う御座居ます。m(_ _)m

> これで1階の塗装地獄に入りそうですね(笑)
一端を垣間見ました(苦笑)。
成程、同じor似た様な部品を大量にひたすら塗装処理するのがメインで、しかも色が黒だから余計に地味な作業に感じる訳か・・・ビギナーの方々はウンザリしちゃいそうですね。

> カシューを塗って仕上がった床板を落下させてしまってまっぷたつに!と言う事態を2回繰り返して
うわっ、聞くだけでゾッとする状況ですな。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
仰る通り、そのまま貼るなら乾くまでの保持もしにくいので木工ボンドより瞬着の方が良いかもしれませんね。
木工ボンドだとなんか自重だけで割れてしまいそうだし・・・。

>うりざねさんは室内柱もすべてカシュー後に磨いて行く予定ですか?
一応そのつもりでおります・・・もうほとんど意地みたいなモノで。(^▽^;)ゞ
実際の所、パーツ単位の面積も小さいですし、外観と違って光があたり難い部分ですから、極端な話こっそりラッカーの黒にしててもあまり変わらない様な気はしてます(笑)。

> ていうか逃げただけ?
いや、それも有りかも。

> 床も白木は、新しいウチは奇麗で良いんですが,必ず黄ばんで来たりするので保護は必要ですね。
そうそう、DIYされてるラグにゃんさんが以前そう書かれてたのを読んでたもんで、何も塗らない事に段々不安を憶えてた訳ですよ、実は。(^◇^;)
いやまぁ黄ばんじゃう事自体はそんなに嫌でも無いのですが。

> ちなみにワトコにもワックスは有ります。
あ、そうなんだ!!
でもこっちはワンダーゾーンじゃないし・・・(爆)。

> ウチの方は明日から(今日は夜勤の休日出勤です)10連休に入りますので
おぉっ、長いですなぁ。Σ(゚Д゚ ;)
ニュース報道だと二週間も休みな会社も有るそうで・・・もっとも以前と違って此の世情ですから、簡単に羨ましいとは言えないのが辛い所。

> あ、消防車出来ました。
拝見しに寄せて頂きま~す!! (^_^)ノ

>よっちゃんパパさんへ

よっちゃんパパさん、いらっしゃいませ~!!
コメント有難う御座居ます。m(_ _)m

そちらの床板も反ってましたか? (¨;)
いやまぁウチみたいに水平の方が希少で、ほとんどは大なり少なり反ってるんでしょうけども・・・。
ウチも6階床は割ったのも併せて2枚共反ってましたから、此の先が物凄く不安です。

>とりあえずハーレーの終わりがそろそろ見えてきたので
あ、そうなんだ・・・もう2年経つんですね・・・早いなぁ。

>機関車が終わる夏頃には零戦が発売されるようで興味津々で待っております。
うわっ、やっぱり零戦にも手出されるんですか!? (爆)
もうデアゴマスターと名乗っても良さそうですな。

>3シリーズも買っているもんだから書店の店員さんも対応が迅速で丁寧!
わははははは、そりゃ此の世情だとお得意様中のお得意様ですわな!! (^◇^)/
デアゴからも何か特別なアイテムを進呈して欲しいですよ、ホント(笑)。
プロフィール & 近況

うりざね (ダンナ)

Author:うりざね (ダンナ)
京都在住の自称愛妻家
獅子座 A型 姓名の総画23 数秘術33→6
紫微→命宮 宿曜=昴 魚王星 天王星-
"呑まない打たない買わない吸わない"と
四拍子揃った日曜日生まれのナイスガイ

<現在の工程=2階外壁周り>
第一次カシュー組 (柱&窓) の
ペーパーがけが終わったトコ

とうとうフォトラまで買ぉてしもたわ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
関連企業 勝手に応援リンク
築城互助会(笑) 相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
誰も使わないだろう QRコード
QRコード
しょっちゅう止まるぞ FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。