スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアゴスティーニ「安土城をつくる」4号 & 5号 +α その3 (完成まで)

      春
          sakura.jpg

6階本体に取り掛かってから早一ヶ月、気付けば世間はもう春・・・春と言えば色々新規に始まるのとは裏腹に、気を抜くと湧き上がった眠気にふっと瞼を閉じてしまいたく成る、そんな季節。
そう、唐の詩人 孟浩然も「春眠不覚暁」なんて詞を残すくらいだし、急に抗い切れない眠気に襲われてしまう事は昔から当然の事実であり、それはもう人である以上全くもって仕方の無い現象、言わば「常識」なのだ。
そんな至極当たり前の事にハマってしまう事を一体誰が責める事が出来ると言うのか?
否、出来ない!!
特に今、此処を御覧に成られている人間の練れた紳士淑女の皆様に至っては、自らさえも傷付けてしまいかねない程深く繊細な優しさをお持ちで有りましょうから、その辺はもう言わずもがなであろうとワタクシ確信しております!!!



・・・すいません、昨日更新するつもりが途中で寝落ちしてしまいました m(_ _)m 

い、いや~、それにしてもなんかバタバタした一ヶ月だったなぁ。
まぁその甲斐有って仕事も落ち着き、少なくとも今後1年間はこうしてダラダラと築城してても大丈夫な感じには成りましたが。


上手く(?)誤魔化せた所で、さて本題・・・なんだけど、製作に入る前に気になった点が有ったので一応記述。
高欄の四隅に付く棒(宝珠柱)なんだけど、普通に差し込むと左側の写真の位置に成るのだが、ガイドの写真では右側の写真の様に ほんの軽く差しただけの位置に成ってるのよね。
de132.jpg
ガイドの模型はあくまでも試作品らしく、実際より微妙に擬宝珠(串団子状の飾り)が短かったりするから、実際どちらが正しいのかよく分からんけれど、右側だと90倍した時にちょっと背が高過ぎるし、同じガイド写真上の5階の同部は左側と同じ位置に収まってるので、結局普通に左側の形で行く事にした。

あと此の棒と高欄、設置してみると結構な隙間開くのよね。
de133.jpg
何の為に接触部を半円状に削らせたのかとデアゴに問いたい、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。
そう思っても叶う事は無いだろうから取り敢えずプラ板と瞬着パテを使って隙間を埋める。

高欄の処理が終わったら、床板裏面の四隅に組物を接着(左側写真)。
小屋組みの時の桁と同じく此れも2パーツで構成されており、しかも同じく妙な方向に曲がって接着されてた物が有ったので、わざとヘシ折ってこっそり修正。
デアゴ!! (゚Д゚)ゴルァ
de134.jpg
床板表面の接続跡はパテ埋めで消す(右側写真)。

再び裏面に戻り、大小の柱盤を8本接着。
de135.jpg
此れで床板は塗装工程へ。

次は問題の扉。
前回 開閉の為のヒンジを埋め込んだが、そもそもは付属のシールのあまりのショボさに辟易とした事から始まったのよね。
理想はラグにゃんさん(ラグドールとロハスなエコライフ)も仰られてた通りエッチングパーツなのだが、デアゴは勿論、鉄道模型程の客数を求められない以上C62みたいにサードパーティーからディティールアップパーツが出るなんて事も無いだろう。
かと言ってそのままでは何となく舞台の背景に使われる「書割り」みたいな風情だし、普通に使うのも何となく癪だ。
せめて色が合ってれば少しは見映えも良く成るだろうか?・・・と思い立ち、シールをスキャンして画像処理ソフトで加工した物を、スターブライトゴールドを吹き付けた適当な紙にプリントアウトしてみる。
de137.jpg
此の時点で扉が開閉選択式だという事実に気付き、色々試してみた後、最終的にヒンジを組み込むに至った訳ですわ。

ヒンジを付けた後 一応金塗装した扉に、先ずプラ板に塗ったカシューの塗膜だけを剥がして貼り付ける。
de136.jpg
え?
そんな面倒な事せんでも最初から扉塗っとけば良かったんでは無いかって?
うん、その通り、分かってる・・・分かってるんだけど、色々紆余曲折した上で此処に至ったので その辺は見逃してくれ給え。
ほら、カシューって塗ると2日程触れ無いしさ。
そもそも此の塗膜だけ剥がすなんてのも偶然の産物なんでゲスよ。

で、先程プリントアウトした物を切り取り、更に黒の部分を刳り貫いて扉に貼り付けると。
de138.jpg
う~ん、ちょっとガタつきが有るけどこんなモンか?
個人的には求めてた程の精度が出せなかったので不満は残るが、ウチの審査委員長がシールのままよりは良いと言うので此れで行く事にする。
ホント我ながら自分の思ってる7割程しか精度出せんな。
こんな事では何時まで経っても台湾の故宮博物館に有る木彫りの舟とか鞠作った人に追い付け無いぞワシ!! (←3回生まれ変わっても無理)
もっとも他のパーツ精度を考えたら、此のキット自体に対しては「そこそこ」で良いのかもしれないが・・・。
但し此の記事を読んでるであろう悪友諸君、及び従兄にはくれぐれも言っておく。
今後ウチに来た際に此の模型を見ても(最終的に客間の床の間に置かれる予定)、此の部分をシゲシゲと見詰めたりする事は厳禁やからねっ!!!
・・・って言えば言う程余計に凝視するんやろな、君等は。(# ̄3 ̄)

そんな訳で裏面も貼った物を8つ作る。
de139.jpg
取り敢えず此れで色味は合った。
障壁画の金とはズレが生じてしまうが、セビリア天主の障壁画の金も他の部分の金箔と色目が違うらしいので気にしない事にする。
まぁ天井画の金とも違うしね。
因みに一個につきまた3~40分かかってます。
シールで妥協しときゃもっと早く済んでるのにね。
アホです、ほんまアホです。
だけど関西人なのでバカと言われるのは・・・
あ、でも女性に限り
baka.jpg
という感じならば、むしろ積極的に受け付けております!!

・・・キッチンの方から刺す様な視線を感じるので話を戻すとするか・・・。

次は華頭窓の仕上げ。
シール貼りを含めた裏面の処理は、以前rj_92さんに教わった手順通りに進める。
de142.jpg
先ずシールの上端と右端だけガイドに沿わせ、それ以外は金色に着色された部分一杯まで切り抜く。
それを裏面に上と右を合わせて貼り付け(右上写真)
ひっくり返して余分な部分を切り取る(左下&右下写真)
rj_92さん、有難う御座居ました。m(_ _)m

表面に窓枠を取り付け、窓枠断面を金塗装したら此処の作業は完了。
de143.jpg

華頭窓扉にもシールを貼る。
de144.jpg
対と位置が分からなく成らない様に、使い捨てパレットに数字をふって放り込んでおく。
意外に面倒なのね、シール貼り。

そう言えば此の障壁画、4号のP9で配置が載ってるのだけれど、その図面の方角間違ってるよね?
ガイドの写真や8号P6~7の記述に(更に前述した三浦先生の本にも)従えば、実際には階段は南西に有るのでは無いかと。
階段との相関関係は一緒なので、図面通りに配置する事に問題無いと言えば問題無いのだけども、一瞬焦るからこういう大胆なミスはやめてくれるかい、デアゴさんよ。(~_~;)

これでようやく全てのパーツが揃ったので、一応お決まりの記念撮影。
de140.jpg
こんだけの事にナンボ時間食うてるんやっつー話や、ワシ。(-_-;)
いや、何か此の一ヶ月、自分でも気持ち悪いくらい凡ミスする確率高かったのよね。
御陰で同じ行程何度もやり直させられたし・・・特にマスキングはホント鬼門だった。
う~む、実はこっそりスランプだったのかもしれない。

床は公言してた通り、セビリア天主に合わせて黒カシュー塗り。
此れは影響を受けたとされる鹿苑寺金閣とも同仕様。
また以前見た写真だと、金閣の室内床ってテッカテカの鏡面仕上げなのよね・・・って事で、破風の時よりも磨きを加え、更に田宮のモデリングワックスも使って同じくテカテカのグロス仕上げにしてみる。
因みに裏面は全面金色(写真撮り忘れ)。

その床に柱を立てる。
de141.jpg
柱もセビリア天主に合わせて外が金、中が黒カシューのツートン。
何となくタイガースなイメージで気持ち良い(笑)。

組み上げるとこんな感じ。
de145.jpg
でも此れだけでは何か物足りない・・・セビリア天主と比較すると、そう、接合部隠しの装飾金具が無いからだ。

っつー訳で、扉の時と同じ要領で、今度はデカールを作ってみる。
de146.jpg
此れを切り抜き、マークソフターなんかも駆使して各所に貼り付けて行く。
de147.jpg
うむ、柱や壁の構成は全く違うけれど、何となく雰囲気は出た様な気がする。

調子に乗って天井の格子にも貼り付けて行く
de149.jpg
・・・のだけども、こちらは121個も有る為、流石に一気にやると発狂しそうなので(笑)、今から110号出る迄の間「一日一貼り」みたいな感じでおいおいやって行くつもり。

全ての壁を組み上げ、肘木を付けたら(左写真)、外周の穴に高欄一式を取り付ける。
de148.jpg
文章にするとたった一行だが、それだけの間には築城者にのみ知り得る苦労が潜んでいる。
歪みとか合いの悪さとかさぁ・・・つくづく昔の海外製キット思い出したわ。
ホントそういう意味では日本の、しかも近年のプラモってよく出来てるよね。

此処でお遊びとして、予め自作しておいた燭台をセビリア天主と同じく4つ設置。
de151.jpg
あと中央に畳が二畳敷かれているのだが、それは此の先の号で付いてくる畳パーツを見てから考える事にする。

次に天井画を用意し、ガイドに沿って切り抜く。
de150.jpg
「接着はするな」と言う事だが、今後何か有るのか?

天井格子と切り抜いた天井画を順に置いて行き、
de152.jpg

最後に以前組み立てた屋根組みを乗せたら、ようやく此の最上階完成!!
de153.jpg
de154.jpg
お疲れさまでした <(_ _)>

長かった、ホント長かったよ。(;´д⊂)
現場で思い付いた事全てはこなせなかったけど、それでも昨年9月に第一報を聞いてから企んでた事は全部やり切ったから後悔は無いわ。
因みに現場で思い付きながらやって無い最大のポイントは、鴨居の四隅と華頭窓下の四隅の隙間を埋める事。
微妙に段差が生じてるので直すとかなり時間かかりそうな上、前述した通り最近マスキングがエラい鬼門状態なのできっと何かやらかすに違いないと判断して止めときました(苦笑)。

それにしても時間かかったなぁ。
休む間も無く1階に突入・・・したい所では有るが、ジャンプも今日発売の入れたら4冊、HDDレコーダーにも録画したまんまの番組が数時間分溜まってるし、日常ブログの方は3月一切更新してないし、何よりも悪友からの定期メールの返事を二ヶ月近くしてないまんまですがな!!
スマン、かず氏・・・急いで書くわ。
そんな訳で数日お休みしてから次の行程に進みます。m(_ _)m

あ、でも取り敢えず今日は午後から平安神宮辺りにでも桜愛でに行くか。(←全然反省無し)
あとモチベーション下がってるので、リンク先ブログ巡りでパワーを頂いた上コメント欄を順次汚して行きますから、同志の皆様どうぞ相手にして下さいまし。m(_ _)m × 3



       [おまけ]
     自作の燭台が手を叩くとほんのり光ったりする辺り 実にアホです
         de155.jpg
ゴメンね、よっちゃんパパさん(よっちゃんパパの工作室)・・・先に電飾やっちゃった ♡

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

コメント

非公開コメント

スゴ過ぎです

さすがと言いますか、このグレードアップ作業でこの日数ですとむしろ早いです!
うりざねさんの技術とセンスに脱帽・・・。
ブログの内容が濃いので、一度ではすべて読みきれません。
ギッチリ読み込むまでしばらく通わせてください!(笑)

あと、私は関東の人間ですが、あの態での「バカ」はやっぱり大歓迎です(爆)

待ってましたー(^^)/

春は際限なく眠たいですね。いっそコアラかナマケモノになって動物園で暮らしたいです。
それはそうと、クオリティ高すぎて最早どこが良い!とか言えませんね!
マネ出来なさすぎて(当たり前だけど^^:)ほぉー。へぇー。と関心しきりです(*^_^*)
金装飾がつくだけで雰囲気ガラッと変わりますね。
出来上がって床の間に飾った暁には来客した方がまじまじと見るんでしょうね。
わたしはとりあえず鏡のような床でゴロゴロしてみたい所存であります。
ところで、手を叩くと光る燭台はどういうしくみなんですか?

No title

同士>

おじゃまします。 ジャンプ読んでますか?
私なんか毎週きつくてヤンマガ読みたいけれどず~っとガマンしてます。

私も関東の人間なんで女性に限りあの態での「バカ」はやっぱり大歓迎いたします。

燭台えぇ感じですょ。 


お久しぶりです。

更新楽しみにしてました(^-^
うりざねさんさすがです。
感動しました(T_T)

まさにセビリア天守ですね!!

この繋ぎ目を隠すための金具をデカールで作ったとのことですが、これはデータかなんかがあってそれをデカールに印刷したのでしょうか?

うりざねさん今晩は。

昨日からブログが更新中。
今日の朝もまだ更新中!?
仕事中にiPhoneでHPみたらやはり。
落ちてしまいましたか(笑)。

閑話休題
本題に戻し,さすがはうりざねさんですね。
何ともゴージャスな天守6階ですな。
金飾りを付けて漆塗りの床面に映る室内がとてもいい感じです。
本当にセビリア天守を思い出しました。
燭台はタミヤの工作キットですか?
かなりいい感じですな。
ところでエッチングパーツですが、どこか出してやろうと言う所はないんでしょうか?
もちろん金飾りも含めて出してくれたら嬉しいですよね!



お久しぶりです お疲れ様です

いやぁ~もう言葉が出ないですねぇ~いい意味で。
すごすぎます。
一歩でもうりざねさんに近寄れるように頑張ります。
まぁ素人だから無理がありますけど。
そういえばまだスプレー買ってません。
6階すらほとんどてをつけていません
ここまで行ったら1階から作ろうかなぁ~
うりざねさん私を弟子にしてください~~~~~~


>タカメさんへ

タカメさん、いらっしゃいませ~!!
早々にコメント頂き有難う御座居ます。m(_ _)m
またお褒めに預かり光栄至極、此処までの労苦が報われる思いです。(;´д⊂)

> ブログの内容が濃いので、一度ではすべて読みきれません。
スンマセン、一度何処かで切って2度に分けて更新するべきだったんでしょうけど、なにせあのパーツ数、全て平行作業だった為になかなかそうも行かず、結局全部一気って事に成ってしまいました。(^▽^;)ゞ

> ギッチリ読み込むまでしばらく通わせてください!(笑)
心よりお待ち申し上げております!! (^_^)ノ

> あと、私は関東の人間ですが、あの態での「バカ」はやっぱり大歓迎です(爆)
ウケて良かった(笑)。

落ち着いたらまたコメント欄汚しに寄せて頂きますので、その時はどうぞ宜しく御願い致します。m(_ _)m

>ランピさんへ

ランピさん、いらっしゃいませ~!!
同じく早々にコメント頂き有難う御座居ます。m(_ _)m
・・・ってよく見たらタカメさんと1分違いですがな!! (笑)
お褒めの御言葉がささくれ立った心に染み渡り、次また頑張ろうという気が湧き上がる思いであります。(;´д⊂)

> 春は際限なく眠たいですね。
仰る通り・・・昨日も所用を済ませて帰宅したらそのまま速攻寝てしまいました。(^▽^;)ゞ

> いっそコアラかナマケモノになって動物園で暮らしたいです。
パンダもなかなか捨て難いですよ。

> 金装飾がつくだけで雰囲気ガラッと変わりますね。
そう感じて頂けたのなら やって正解だったと思えます!! (#^.^#)

> 出来上がって床の間に飾った暁には来客した方がまじまじと見るんでしょうね。
粗が見えない様に一定距離引き離す為にも是非ケースを用意せねばならないなぁと思ってます(笑)。

> わたしはとりあえず鏡のような床でゴロゴロしてみたい所存であります。
確かに(笑)。
ゴロゴロまでは出来ないにしても、金閣の中入ってみたいなぁとは常々思っております。

> ところで、手を叩くと光る燭台はどういうしくみなんですか?
音センサーが仕込まれております。
但し5階と合体した時にちゃんと音を拾ってくれるのか不明ですので、現時点では一応「暫定」と言う事で・・・。(^^;)

落ち着いたらまたコメント欄汚しに寄せて頂きますので、その時はどうぞ宜しく御願い致します。m(_ _)m

>よっちゃんパパさん

よっちゃんパパさん、いらっしゃいませ~!!
コメント有難う御座居ます。m(_ _)m

> ジャンプ読んでますか?
いえ、その時間は所用で留守にしてました。
ジャンプは今からです(笑)。

> 私なんか毎週きつくてヤンマガ読みたいけれどず~っとガマンしてます。
余暇の全てを吸い取られる仕事量ですもんね・・・って、よっちゃんパパさんは3シリーズも手出されてるからやないですかっ!? (爆)

> 私も関東の人間なんで女性に限りあの態での「バカ」はやっぱり大歓迎いたします。
ウケて良かった・・・。(^^;)

> 燭台えぇ感じですょ。 
有難う御座居ます。
企画自体は築城当初から抱いていて それなりに準備もしてたのですが、タカメさんトコのコメント欄でよっちゃんパパさんが書かれたのを読んで実行する決意を固めました。(^_^)
光量がちょっと足らない様な気もするので、もしかしたら今後作り直すかもしれませんが。

落ち着いたらまたコメント欄汚しに寄せて頂きますので、その時はどうぞ宜しく御願い致します。m(_ _)m

>AZUさんへ

AZUさん、いらっしゃいませ~!!
コメント有難う御座居ます。m(_ _)m

> 感動しました(T_T)
> まさにセビリア天守ですね!!
そう言って頂くと頑張った甲斐が有ったと思えます!! (#^o^#)

> この繋ぎ目を隠すための金具をデカールで作ったとのことですが
え~っとですね、現地で撮った写真を元にPhotoshopで加工したり適当にでっち上げたりしてデータ化、それをレーザープリンタで印刷した次第です。

AZUさんの方もだいぶ進みましたか?

>ラグにゃんさんへ

ラグにゃんさん、いらっしゃませ~!!
コメント有難う御座居ます。m(_ _)m

> 落ちてしまいましたか(笑)。
スンマセン、ほんとスンマセン!! m(_ _)m ×2
昨夜なんかはパソ立ち上げる前に落ちました(苦笑)。

> 金飾りを付けて漆塗りの床面に映る室内がとてもいい感じです。
お褒めに預かり感激であります!!
カシューとモデリングワックスは非常に相性が良いみたいで、同じカシュー使いのラグにゃんさんにはオススメかもしれまません。

> 本当にセビリア天守を思い出しました。
そう言って頂けると軽くカタルシスさえ感じる次第。(#^.^#)

> 燭台はタミヤの工作キットですか?
いえ、プラ材切った貼ったで全くの自作であります。
っつーか田宮からこんなの出てました? (^^;)

> ところでエッチングパーツですが、どこか出してやろうと言う所はないんでしょうか?
城模型はねぇ・・・童友社とかのも長く出し続けてると定期的に売れて行くみたいな感じですから、2年とは言えこういう短期決戦の代物だと売れ行き期待出来ませんからねぇ。
そもそも「テツ」のお客を期待出来るC62でさえ、改造パーツは5万程もしたらしいですから・・・。

落ち着いたらまたアリス嬢の御尊影を拝見&ハァハァさせて頂きついでにコメント欄汚しに寄せて頂きますので、その時はどうぞ宜しく御願い致します。m(_ _)m

>下克上さんへ

下克上さん、いらっしゃいませ~!!
コメント有難う御座居ます。m(_ _)m

> 一歩でもうりざねさんに近寄れるように頑張ります。
いえ、モデラーの世界ではワタクシ程度の技術の持ち主なんざザラに居られます故、お若い下克上さんにはどうせならもっと上を目指して頂きたい!!
もっとも模型なんてどれだけ上手く成っても、此のシリーズ監修の村上氏や模型誌のライターに迄辿り着ければ未だしも、大概は親戚や近所の糞ガ・・・もとい子供達から「プラモのおっさん」と呼ばれてキラキラした瞳で見詰められるのが関の山ではありますが・・・。(T.T)

> 素人だから無理がありますけど。
趣味事はセンスとか以上に「どれだけ それに時間と銭を投入して来たか」にかかってますから、お若い(以下略)
まぁ此の安土城を作り終える事が出来たら、最早ビギナーとは呼べませんが。

> そういえばまだスプレー買ってません。
エアブラシこそ経験ですので、出資に問題が無ければ早めに手を出された方が良いかと・・・もっともその後も模型趣味を続けるかどうかですが。

> ここまで行ったら1階から作ろうかなぁ~
1階と6階との落差が激しくてモチベーション著しく下がってしまうらしいので(燃え尽き症候群みたいなモン?)、実はその方が良いかもしれませんね。
個人的には赤い高欄の天主って見てみたいんですけどね。(^_^)

> うりざねさん私を弟子にしてください~~~~~~
弟子て!! (爆)
いやいや本文にも書いた通りワタクシも未だ未だ未熟者の身、徒弟制度導入などあまりにも恐れ多過ぎて出来ません。

それはそうと下克上さん、アナタこっそりブログ始めてません? (笑)

>うりざねさんへ

ははぁ~ばれました(笑)
作ってないから更新もできないんですけどね~
ほんと34人の人には申し訳ない。
ちゃんと作り始めたらその時リンクお願いいたします。

>もっともその後も模型趣味を続けるかどうかですが。
昔から何か作ることや鉄道模型が好きなんで銭さえあればやっていくと思います。

エアーブラシ1~2万5千円ぐらいなら手がだせそうです
3.4万は無理だなぁ~ 今日ほしいものができてしまったし。

そういえば塾の先生に安土城の6階の屋根何色ですか?って聞いたら
青紫だっていってましたけどこれって壁の色との勘違いですよねぇ~

茶色の屋根は嫌だなぁ~

では勝手に弟子1号だと思っときます

>下克上さんへ

了解しました、では「もうリンクOK」という時節が来たらお知らせ下さい。(^_^)

> エアーブラシ1~2万5千円ぐらいなら手がだせそうです
今ってそれくらいで買えるんだ・・・安く成ったもんですな。 (^^;)
取り敢えずハンドピースよりもコンプレッサーを優先ね。
此の安土城は基本ベタ塗りばかりだし。

> 塾の先生に安土城の6階の屋根何色ですか?って聞いたら
いや、復元案は色々有りますから、単にその先生が抱いておられるイメージが割とポピュラーな内藤案なのではないかと。
赤屋根は、南下玄興という妙心寺の高僧が わざわざ信長公に依頼されて書いた七言律詩の中に出てくるのを根拠にしており、此の模型の三浦・佐藤両氏案の他、有名どころでは宮上氏(故人)案でも採用されています。
因みに群青色の壁は三浦・佐藤両氏案特有です・・・多分(笑)。

> 茶色の屋根は嫌だなぁ~
同じ思いを抱いて青にしようとされてる方は何人も居られる様ですよ。
問題は此の先に送られてくる軟質樹脂らしい瓦パーツが ちゃんと着色出来る素材かどうかですわ。

> では勝手に弟子1号だと思っときます
どうぞお好きに(苦笑)。

黒カシュー床最高!

うりざねさん、天主完成おめでとう&お疲れ様です。

さすがにじっくり吟味しての製作だけあって、
本当に素晴らしい出来ですね。

特に黒カシュー塗りの内装は最高です。
テカリ具合もスケール感を損なわず、
見事にマッチしていますし、
接合金具によるディテールアップも効果的。

感動しました。

> rj_92さんへ

あっ、rj_92さん、いらっしゃいませ~っ!!
お褒めに預かり光栄の限り、モデラー目線での御言葉、非常に励みに成りますと共に身の引き締まる思いで御座居ます。
またそちらの記事の御陰で結構時間短縮(これでも)出来ました事、感謝しております。m(_ _)m

その後は本職の車系の製作でも始めておられるでしょうか?
こちらは1階以降そうそう面白いネタも御座居ません故、今後は特に目新しい事もしないと思いますが、それでもまたの御越しを心よりお待ち申し上げております。<(_ _)>

こんにちは(^-^)

私は六階屋根の作業も終わり六階部分を一生懸命磨きかけてる途中です(-.-;)

部品一つ一つに時間かけてるんでかなり遅いです。
一階部分は南側の部品が全部そろってから作業に入ろうかと…(>_<)

それにしてもうりざねさんのせいで(失礼)私もセビリア天守風にしたくなっちゃいました(;_;)
勝手ながらパクっ…
いやいや参考にさせてもらっていいですか?笑

>AZUさんへ

> 部品一つ一つに時間かけてるんでかなり遅いです。
わははは、冥府魔道を突き進まれておられる訳ですな? (^◇^)/
折角なので納得行く迄触りたいですよね・・・まぁ本文にも書きましたが此のキットは「或る程度そこそこ」でとどめるのが賢明なのかもしれませんが。

> 一階部分は南側の部品が全部そろってから作業に入ろうかと…(>_<)
似たような作業ばかりみたいだし、同志の皆さんの作品も参考に出来るのでその方がより良いモノは出来るでしょうね・・・あくまでもモチベーションが保てるならばの話ですが。(^^;)

> 勝手ながらパクっ… いやいや参考にさせてもらっていいですか?笑
どうぞ御自由に。(^_^)
ブログで公開している以上その辺は想定しておりますし、またそれは自分の仕事を評価して頂いたって事でしょうから。
同じ様にブログとかされてる方なら、本文に「うりざねのパクってやったぜ ゲヘヘヘ」くらい書いといて頂けると、こちらも張り合いが出てモチベーションも上がるってもんで御座居ます(苦笑)。

はじめまして

初めましてうりざねさん、otomoと申します。以前からこのブログは拝見させていただいていましたが、いきなりこのようなグレードアップをされていてビックリしました!Σ(゜Д゜;) 私はいつもこのブログが楽しみでしたので、いつ更新されるのかなーと待ちわびていました。

ところで、私は長野県に住んでいますが、タカメさんのサイトでもコメントした通り、こちらではゴールドの缶スプレーが品切れで困っています(メーカー品切れで2週間待ち・・・)。なので六階は飛ばして、一階を作っています。私はただストレートに組んでいくだけなので特に特別なことはしませんが、うりざねさんはまた何か企んで計画されているのでしょうか?もしそうだとしたら是非がんばって、また作ってみてください。応援しています!

> otomoさんへ

いらっしゃいませ~、コメント有難う御座居ま~す!! m(_ _)m
またウチの様ないい加減でテキトーなブログを御支持頂いておられるとの事、大変励みに成ります。

> いつ更新されるのかなーと待ちわびていました。
ほんとスンマセン。<(_ _)> ×3

長野・・・昔の彼女の住む県・・・あ、いや、全くどうでもいい事ですね。
そうですか、地域によってはそんな事に成ってますか。(¨;)
ゴールド缶スプレーって普段だとほとんど模型売場で不良在庫化してる様なモンですから、それがメーカー品切れとなると明らかにコレですね(笑)。

> うりざねさんはまた何か
いえ、もう事前に企んでた事はやり尽くしました。(^▽^;)ゞ
あとは6階でやった事の応用と、現場現場で思い付いた事をどれだけ実行出来るかですねぇ。
そんな訳でウチの旬はもう早くも終わっておりますが(苦笑)、それでも宜しければタカメさんトコ同様に変わらぬ御愛顧を頂けますれば幸いです。m(_ _)m

素晴らしい最上階ですね。

はじめまして、ピッコロと申します。
以前から見させて頂き、いろいろと参考にさせて頂いていました。 ありがとうございます。

最初はディアゴのガイド通り構築の予定でしたが、冥府魔道に迷い込んでいます(笑)。
カシューを教えて頂き、内部は黒カシュー床/鏡面仕上げとしましたが、内部の柱を黒カシューか、金柱か迷っていました。 床も柱も黒ですと暗い感じにならないかと。
床、柱が黒カシューの画像upして頂き、大変参考になりました。 
装飾金具をつけると感動を覚える程の高級感あふれる仕上がりとなりますね。 ここまでは出来そうにないので、内部は金柱仕様で行くことにしました。 
ところで、黒カシューいいですよね。 漆というので、黒、朱だけかと思ったら各色あり、これからも活躍する場面がありそうです。
ところで、こちらは、擬宝珠?と高欄の隙間はほとんどなくて、半円加工しないと入りそうもありませんでした。 部品精度に差がだいぶあるのかな。 そういえば柱の1本の片辺が、0.3mmほど薄くて太らせました(笑)
これからの更新を楽しみにしています。

>ピッコロさんへ

いらっしゃいませ~、コメント有難う御座居ま~す!!
今後の励みに成ります。m(_ _)m

カシュー、イかれたんですね?
作業時間は明らかに延びてしまうけれど、一度手を出しちゃうともう退けませんよね(苦笑)。
何はともあれカシュー仲間が増えた事は嬉しい限り・・・いや特に(株)カシューの関係者でも何でも無いワタクシに何のメリットも無いんですけども、そこはまぁ何となく。(^^;)

高欄周り、問題有りませんでしたか? (゚゚;)
ウチは記事中にも有ります通り へし折ってしまった床板が有りまして、それにも4つ全て配置してみましたが隙間はやはり出来てしまいました。
っつー事はウチのは高欄がみんなちょっとづつ短いなんて不思議なモン掴まされたんでしょうか?
それとも床板の穴位置がズレてるモノが結構高確率で存在するのか・・・?
最早「謎」ですな(笑)。
まぁ部品精度の差自体は同じパッケージ内でも存在しますからねぇ。

> これからの更新を楽しみにしています。
頑張りま~す!! (^_^)ノ
またのお越しを心よりお待ち申し上げます。
プロフィール & 近況

うりざね (ダンナ)

Author:うりざね (ダンナ)
京都在住の自称愛妻家
獅子座 A型 姓名の総画23 数秘術33→6
紫微→命宮 宿曜=昴 魚王星 天王星-
"呑まない打たない買わない吸わない"と
四拍子揃った日曜日生まれのナイスガイ

<現在の工程=2階外壁周り>
第一次カシュー組 (柱&窓) の
ペーパーがけが終わったトコ

とうとうフォトラまで買ぉてしもたわ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
関連企業 勝手に応援リンク
築城互助会(笑) 相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
誰も使わないだろう QRコード
QRコード
しょっちゅう止まるぞ FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。