スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアゴスティーニ「安土城をつくる」4号 & 5号 +α その2 (楽しい工作)

なんか急速に暖かく成って来たなぁと思ったら、各地では桜まで咲き出してるとの事。
もう3月も半ば過ぎてるのね・・・早過ぎるわ、時間経過。
中・高生くらいの時って1年物凄く長く感じたのに。
ま、それはそれとして、今年は何処の桜観に行こうかなぁ。

さて、今回はいきなり扉の折戸から。
仮組みしてみて初めて気付いたんだけど、扉の開閉って選択式だったのね・・・勝手にずっと開閉自在なんだと思い込んでた。(-.-;)
じゃあ付属シールや扉表面用に作った物(後日記事化予定)を切らずに貼ればどうかと考えたんだけど、紙物は曲げ癖が付いちゃって、此のサイズだとキッチリ180度開かなく成る模様なので敢え無く断念。
かといって此のまま何もせずっちゅうのも そこはかとなく悲しかったので、童友社安土城の時に蔵出しして使ったトライマスターのマイクロヒンジを使って可動化に挑んでみた。
dy026.jpg
因みに此の商品、何分15年以上お道具箱に寝かせてあった物なので、現在入手出来る物なのかどうか存じません。 m(_ _)m
写真は童友社安土城の三の御門用なので大きめのヒンジだけど、今回は扉が小さいので一節ずつのを作製。

扉一対をマスキングテープで固定後、模型用ノミにてヒンジを埋め込む為の穴を彫る(左上写真)。
de111.jpg
そこに用意したヒンジを瞬着で固定し(右上写真)、更にアルテコを流し込んで表面を整えると(下写真)。
文章にすると早いけど、ヒンジ作製込みで扉一つに付き3~40分かかってます(苦笑)。
欠点はヒンジ部が見えてしまう事・・・最小サイズにしてもオーバースケール気味。
しかし、此の時代に金属製ヒンジが存在したかどうかはさておき、折戸である以上木製でも何かしらヒンジ状の物が付いてただろうし、固定よりは動く方が楽しいからエエですわねと自分に言い聞かせる・・・言い聞かせる・・・睡眠学習の様に言い聞かせる。
まぁ今後の作業で如何に目立たなくするか悩む事にしよう。

作業の時系列としては前後しちゃうけど、折戸を開閉式にしたとなると、それに合わせて実際の建築物にも有る様に「見切り」を付けた方が良いのでは無いかと思い至り、プラ材を使って実際に施工してみる。
de122.jpg
左が敷居、右が柱。

鴨居側には余計な溝が有るので、一度それを埋めてから段差を付ける。
de121.jpg
こうする事で塗り分けの基準点に成るのと共に、折戸が不要に内側へ入り込んでしまわなく成る、隙間がほとんど目立たなく成る等のメリットが生じます。
de123.jpg
隙間は今後やろうとしてる事にちょっと影響が有るもので・・・。
時間が無制限に有るなら扉用の穴をもう少し前に開け直したんだが、まぁその辺はやむなし。

次は室内の階段周り。
リンクさせて頂いてる同志の方々も一様に突っ込まれてる通り、どう見ても階段へのアクセスが大変そう・・・しかもウチのは雑巾擦りが出っ張ってる分、向こう側の棒がちゃんと立たないし。( ̄□ ̄;)
de112.jpg
不審に思って前述の三浦先生監修の本を確認したら、そもそも階段の位置(四角い穴)が南へ結構ズレていた(本来は西側の扉前)。
模型化に当たって色々と辻褄合わせるのが大変だったのかもしれないが、人が通るのに明らかに邪魔ってのはどうなのよ、デアゴさんよぉ?
そんな苦言を呟いてみてもどうにも成らないので取り敢えず手を動かす。

階段の位置は弄ると後々大変そうだし、 ちょっと大きい感じの手摺り棒も今後下の階で同じ物が出てくるみたいだから、その辺は此のまま無難に触れずに行くとして、まず第一段階として妙にぶ厚く感じる手摺りを薄くしてみた。
de113.jpg
写真では分かり難いが、「らしさ」が出て良い感じ。

第二段階では最低でも細身であったと言われる御屋形様がお通りになれる程のスペースは確保したい・・・と言う訳で、セビリア天主のそれと同じ構成へと作り替えてみる。
de114.jpg
うむ、此れで壁まで6.5mm、実スケールだと58.5cm有るから何とか御屋形様も通れるだろう。
ランピさん(週刊・安土城をつくる制作記) 御自慢(?)の信ちゃんは大柄だから通れないだろうけども(笑)。

こちらが断面。
de115.jpg
一応屋外の高欄との整合性を考えて、一番上は丸棒に置き換え、縦棒の部分も段落ちさせた。

こうして不要に成った手摺り柱用穴を埋めるついでに、床板に開いてる4つの丸穴を薄~くスライスしたプラ丸棒で蓋しといた。
de116.jpg
多分5階との接合用なんだろうけど、床板の厚みを考えると貫通する必要はないだろうし、
第一あまり見映えが良くない・・・最悪また開け直せば良いしね。

同じ様に高欄用の穴も裏側から薄切りプラ角棒で蓋と。
de127.jpg
高欄取り付けると目立たなく成るけど、跡を消しときたかったので。
因みに此の床板、反りを整える際に力余って叩き割ってしまい、カミさんの厚意によってこっそり2枚目にすげ替っていようとは御釈迦様でも気付くまい(というか興味も持たれまい)。

高欄の話が出た事だし、手摺り繋がりって事で此の際一緒にやっちまおうと次号(7号)のパーツから高欄一式をひっぱり出す。
de117.jpg
ガイドのTipsに従い、各部を掘削。
de118.jpg
やり終えてからタカメさん(週刊安土城をつくる~安土城築城記~)がかなり効率的な方法を駆使された事を知り、強い衝撃を受けた・・・ワシもああしといたらよかった。_| ̄|○

それはそうと、写真がボケてて分かり難いけど、此の作業直前に一番上の丸棒を乗せる台の部分が二箇所欠けてるのを発見。
de119.jpg
デアゴ!! (゚Д゚)ゴルァ

気を取り直して竹棒を乗せてみる
de120.jpg
・・・がよく見たらこの竹棒、ひん曲がってたり折れ目付いてたり、色々と問題有りだったので、あっさり2mmプラ丸棒にスイッチ。
異素材使用の箍が外れてるので、最早何の躊躇もねぇさ。

で、ようやく各パーツにサフ吹き。
de124.jpg
一部でもこれだけ有るのでちょっとウンザリ・・・これから「磨き」に入らねばならんのだよな。(~_~;)
でも5・6階に関しては思い入れが強いので、例えブログ更新が遅れても(元々そうだが)考えてた事キッチリやっときたいのよね。
逆に言えば此処が終わったら5階建築が始まる迄の1年半程はチンタラ行ける筈・・・とか言いながらそれはそれで時間かかるんかなぁ、ワシの事やし(苦笑)。

さて今回活躍した百均グッズは半丸の精密ヤスリ。
de125.jpg
黒い柄の「超精密」じゃなくて、あくまでもオレンジ柄の「精密」の方ね。
以前使ってた半丸ヤスリは誤って潰してしまいましたもので・・・。(T.T)

あとハケ塗りタイプの瞬着を見掛けたので試しに買ってみたら、此れがすこぶる使い易かった。
de126.jpg
コケ易そうだけどコケてもすぐにはこぼれないし、なんかよく考えられてる。
こんなの有るとは知らんかった・・・もっと早く知りたかったよ。
あとはちゃんと最後まで綺麗に使い切れるかどうかだが。


関係ないけど倉木麻衣嬢の新アルバムは良いね。
作業中に一度は必ず聴いてる。
ラップにはオッちゃん、どうも付いて行かれへんけども。
近々発売される達郎氏の初CD化旧譜と共に、数年後は聴く度に此の築城作業の事を思い出す様に成ってるんだろうなぁ。

次回、6階仕上げ・・・まで行ってるんだか どうなんだか。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

コメント

非公開コメント

無題

うりざねさんこんばんは(^-^)


私も折戸の開閉をどうしようか悩んでいたんで、ブログを見てみなさんの製作を見ようと思ったんです。うりざねさんが折戸に使用しているマイクロヒンジなんですが、これって今探してみたんですが見つかりませんでした。これと似たような蝶つがいみたいなものって他にありませんかね~(;_;)

>AZUさんへ

いらっしゃいませ~、ようこそ~!!
早速のコメント有難う御座居ます。m(_ _)m

ヒンジ、やはり無いですか・・・いや~ウチも手持ちがほとんど切れたので、もし売ってるなら私自身としても欲しいんですけどねぇ。
昔出入りしてた模型屋さんで見掛けて取り敢えず買っといたんですが、使う用途を思い付かずずっとデッドストックに成ってた物でして。(^▽^;)ゞ
こんな事ならもっと買っとけば良かったと後悔しきりです。_| ̄|○

無題

やはりないですか(ノ_・。)

そのヒンジゎ大きさ的にどのくらいのものなんでしょう??
ホームセンターなんか回っても大きいのしないでしょうね(((゜д゜;)))

>AZUさんへ

大きさは記事中の写真の一塊の横幅が51mm、一節でヒンジを作ると縦2~2.5mmで収まるくらいです。

何か代用品が見つかれば良いんですが・・・ホームセンターは流石に無さそうですね。
当時買ったお店はもう無くなっちゃったしなぁ。(T.T)
今後大きな模型屋とか行ったらチェックする事にします。

折り戸の改造

こんにちは。

やはり扉が開閉できるのは楽しそうですね。

うりざねさんの折り戸の製作記事を参考に私も開閉式に挑戦してみようと思います。

暖かくなったら京都の梅小路へ機関車を見に一度行く予定です。

>よっちゃんパパさん

いらっしゃいませ~、コメント有難う御座居ま~す!! m(_ _)m

>私も開閉式に挑戦してみようと思います。
頑張って下さいまし!!
ヒンジは真鍮線とプラ材で作れなくも無さそうですが、なにせ扉って8つ有りますから作業量がエラい事に成りそうなのが最大の懸念。(@_@)

>暖かくなったら京都の梅小路へ機関車を見に一度行く予定です。
おおっ、テツの聖地ですね!! (笑)
数年後には隣接する公園内に小さい水族館を建てるという計画が有るので、実現すればよりお客さん増えるんでしょうね。

こんにちわ

扉の開閉の件なんですが、私はホームセンターで売っていた超ミニサイズの蝶番で妥協することにしました(ノ_・。)

色的にはゴールドなので扉の色とマッチしているので見栄えゎ悪くないんですがやはり金具がかなり雰囲気をぶち壊しますね。。笑

>AZUさんへ

おっ、使えそうな小さい蝶番有りましたか?
ともあれ代用出来そうなのが見つかって何より。
雰囲気は・・・まぁ多少問題有っても「動く」という魅力に抗え無いんですよね。(^^;)
プロフィール & 近況

うりざね (ダンナ)

Author:うりざね (ダンナ)
京都在住の自称愛妻家
獅子座 A型 姓名の総画23 数秘術33→6
紫微→命宮 宿曜=昴 魚王星 天王星-
"呑まない打たない買わない吸わない"と
四拍子揃った日曜日生まれのナイスガイ

<現在の工程=2階外壁周り>
第一次カシュー組 (柱&窓) の
ペーパーがけが終わったトコ

とうとうフォトラまで買ぉてしもたわ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
関連企業 勝手に応援リンク
築城互助会(笑) 相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
誰も使わないだろう QRコード
QRコード
しょっちゅう止まるぞ FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。