スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアゴスティーニ「安土城をつくる」100号+α 到着

de681.jpg
本年最後にして記念すべき第100号は日曜朝8時半、大方の予想通り宅配便での到着。
パッケージは前回程では無いけど、それでも厚さ3.3cmのメール便規定外サイズ!!
残り10号だけど、未だ数回こんな感じで届くのだろうか?
それはそうと正式発売日が月曜でも到着はいつもと一緒なのね。

ま、そんな事は兎も角・・・いや~、遂に来ちゃったね、此処まで。
よく有る分冊物だと完結する号数ですぜ?
バインダーもとうとう最後の6個目に成ったし・・・何はともあれ途中で廃刊とかに成らなくてホント良かった!! (^◇^)/

内容は石垣表面パーツ3種×計3・屋根瓦2種×計2・屋根型紙×2・野地板という名目の黒い厚紙×2。
作業は前号同様石垣組立と屋根瓦の設置の2パート。
瓦の方は、表面のモールド削って調整するなんて工程も有るので、益々手間かかりそうです。
一方の石垣、3枚の内2枚は内側用ね。
パッケージングの問題であっち付けこっち付け忙しい・・・。
あ、そうそう、今号ではパテ埋めしたトコだけじゃ無く、石垣の石の部分だけ塗装する工程が有ります。
なんだ、ちゃんと塗らせるつもりだったのか・・・って事は溝の部分は墨流しとかせずに成形色そのままという想定か?
うん、まぁそれも有りっちゃ有りだわな。
何分フルスクラッチで城模型作った人を除いて、こんなサイズの石垣キット弄るなんざ前人未到の領域なので、何が正解なのか正直ワシにはよく分かりません(苦笑)。
ええ、老若男女・初心者熟練者を問わず、現在コイツを製作してる方々は非常に貴重な体験をされてる訳ですよ、ホントの話。

マガジンは「機密保持を厳しくした御屋形様」「小谷城攻め1」等。
酒井忠次とのエピソードって好きなんだよね。
今号は「城紀行」は有るけど「人物記」は無いので、また板垣先生はお休み・・・あと10冊中、何度お目にかかれるのかなぁ?
少なくとも次号も無いみたいだし。 (´・ω・`)

え~、また今回は第100号と共に、中ぶりの大きさの荷物も届きました。
de682.jpg
早速開封してみると、中にはオプション品の御屋形様フィギュア付き要目票がっ!!! (*_*)
de683.jpg
因みに左写真の上の方に貼り付けられてる金色のシールみたいなのが本体の要目票(金属製)ね・・・右写真のフィギュアはあくまでもオマケです(笑)。
裏面に(多分)両面テープが付いてるので、各々勝手に貼り付けてくれっちゅう仕様。
ん~、自分の名前が書かれてるっつーのは何だかこっ恥ずかしい気がせんでも無いが、まぁ此処までやって来た事を己自身くらいは称賛してもエエん違うかなぁと。
いや何もかも完成したらの話だけれども。(^▽^;)ゞ
フィギュアの方はよく出来てます。
手綱は軟質素材なのに同じ色で不思議・・・触り倒してたら剥げたりしないよね? (¨;)
どんな感じかは、申し込みパンフにも載ってた事だし各自御手元に届いた時のお楽しみ。
・・・え?
そんなモン注文して無いから永遠に分からない?
じゃあまた ↓ クリックしてね♡
     #
尚、梱包材の発泡スチロール上面にはこういう(↓左写真)穴が開いてて思わせぶりに何か紙が入ってますが
de685.jpg
中身は只の注文票ですので、慌ててピンセットとか用意せんでもエエです。
ケースとベースは年明けてからだっけ?


ウチはいまだに畳の縁貼り・・・なんだけど、もう間も無く終わるので一両日中にはやっと組立に入れるかなと。
今の工程は年内に終わらせるつもりだったんだけど、かなり怪しく成って来たよ。

相変わらず忙しくてね・・・24日のイヴの日も、訳有ってほとんど眠って無い状態で朝から身内の主治医に呼び出されて病院で説明を聞き、午後からは当人の一時帰宅の為に市内の南外れまで送って&最寄りのスーパーまで送迎、その後やっと自分の為の買物とかチキン&ケーキ受け取りとかに動いてたら、結局帰宅出来たのは夜の8時前に成ってからで、当然もうイヴどころじゃ無くなって、頂き物の寿司折りを食ってとっとと寝てしまいました。
今夜また病院に送らんといかんし、2~3日後にはまた迎えに行かんとならん・・・当該身内宅から病院まで車で約1時間かかり、その中間地点辺りにウチの家が有るもんでなかなか大変。
此の件もウチ以外動ける人間居らんのでね。
そんな訳でウチのクリスマスディナーは1日遅れ・・・ケーキなんかもう日付26日に成ってから食ってる始末。(-_-;)
       10xmas.jpg
まぁ当該身内には楽しい(で あったろう)クリスマスの夜をプレゼント出来たから良しとするか。


そんな最中 今週の散財~!! ヽ(´-`)ノ

その1・・・先週チラッと書いてた工具ペンサンダー
pt.jpg
簡単に言うと電動のヤスリ。
取り外しの出来る先っちょ部分がスイッチを入れると左右に高速で動くという構造・・・先っちょには任意のサンドペーパーを貼り付けて使う訳ね。
果たして次期工程の下地処理が楽に出来るのか?
ちょっと博打な買物だけど、少なくとも利き手中指爪の摩耗は減るのでは無いかと・・・。(^◇^;)

その2・・・続・築城指南書
book13.jpg
丸一年前の記事にて「築城指南書」という城模型のムックを紹介しましたが、結構売れたのか2匹目のドジョウを狙って先日その続編が(予定より数日遅れで)発売されました。
内容はジャンルを広げて清水寺・鹿苑寺金閣・陽明門まで手を出し、前回からちょっと踏み込んでより上級者向けに細かなディティールUP技術なんかが紹介されています。
個人的には多少思う所が無いでもないけれど、(タマに此処も覗きに来られてた)某有名模型サイト主さんを始めとする熟練モデラーさん達が駆使するワザは、デアゴ安土城にも応用出来る・・・かもしれない。(^。^;)
但し便乗本(笑)の記事の時にも書いた通り、何分極小の物をUPで撮影してる為にどうしても粗に目が行きがちだけど、見るとヤるとじゃ大違いなので、そこはもう是非とも温かい目で見て欲しい!!
キット自体も大概金型劣化してる古い物だしね。
・・・と言いながら清水さんの柱の根元、何故あんな事に成ってるのか気に成るけども・・・いえ、あくまでも素朴な疑問です、はい。
御値段は前書と同じ税込み4200円也。
此のデアゴ安土城を切っ掛けに城模型に目覚めた、且つ懐に余裕の有る方はどうぞ。
・・・義父から法事で余った図書カード沢山貰ってて良かった。
お義父さん、有難う御座居ます。<(_ _)>
いつも話題が噛合わなくてスミマセン(爆)。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」99号 到着

de676.jpg
今号はゆうパックにて日曜朝8時半に到着。
先日の石垣パーツ本体の大きさがアレだったので、そりゃメール便じゃ無理だわね。(^.^;)
そこは予想ついてたので朝からハンコ持ってワクテカで待ってたんだけど、現物を受け取ってちょっと吹き出してしまいました・・・
de677.jpg
だって厚さがこんな↓に有るんだもん!! (^◇^)/
de678.jpg
計ったら6.4cmだった・・・うーむ、デルプラドの戦車とかミニカーの分冊物思い出すわ(笑)。
中身のパーツがどないな事に成ってるかは現物受け取った時のお楽しみ。
・・・え?
デアゴ安土城買ってないから永遠に分からない?
じゃあ クリックしてちょーだい。
  ココ!!

むぅ~、此処に来て発送コストが明らかに嵩んでるけど、ちゃんと最初からの計画通りなのだろうか?
つい余計な心配をしてしまう。(^◇^;)

内容は石垣4種×計4・屋根瓦3種×計3・屋根型紙×2・野地板という名目の黒い厚紙×2。
作業は大きく分けて、先日届いた石垣部本体に今回の石垣表面パーツを貼り付けるのと、二階の屋根を切り出して設置していくのの二つ。
意外だったのが前者・・・デアゴ的には石垣の塗装はパテ埋めした部分と土の部分しか想定してない模様。
まぁやりたい人は勝手にどうぞって事だろうけど。
あとパテ埋めは分かるけど、マスキング要るか? (苦笑)
後者は97号と大体同じ流れで手間かかるでしょうが、唐破風の湾曲した屋根が有ったりで面白そう。
面白いと言うと一番大きな屋根瓦部材・・・↓
de679.jpg
此処から3枚切り出すんだけど、それに合わせてか途中から目が変わってるのね。
うーむ、素材はあまりいただけないけど融通は利くんだなぁ。φ(.. )メモメモ
そうそう、パーツチェックリストと無地の白い紙(通称あぶりだし紙)に無数の油染みが有ったんだけど・・・何故?

マガジンは「安土城築城時の大惨事」・・・と、いつもは一々書かない「城紀行」と「人物記」。
前者は蛇石運搬の話ね。
一応言っときますが、御屋形様に反抗する勢力が放った忍びによる妨害とかは決して有りませんから!! (爆)
あ、板垣先生は久々の登場で非常にノっておられます。(^o^)

そして今回、折角大きなパッケージで送ったんだからと(?)新刊案内チラシが3枚も入ってました。
de680.jpg
「NHK名曲アルバムCDコレクション」「日本の古寺・仏像DVDコレクション」「戦国甲冑をつくる」か・・・甲冑は無事全国発売に漕ぎ着けたのね。
関係ないけどウィーン行きてぇ!!
行ってザッハのザッハトルテ(デメルのは食った)と本場のウィンナーシュニッツェル食いてぇ!! (>_<)
・・・・・
・・・・・
すいません、取り乱しました。<(_ _)>


ウチは相変わらず畳の製作中で、現在南側が終わって北側の縁貼りしてます。
先週は仕事で振り回されてたもので・・・石垣パーツ到着記事では折角の朗報がドタキャンされたと書きましたが、あれからまた丸24時間後に連絡が有りまして、今度はドタキャンがドタキャンされたとの事。
それ自体は喜ばしい事なんだけど、期日は迫ってるわ、木曜は津に往復せにゃならんわの中、一度色々止めた事を急にまたやらんとイカン様に成ってエラい大騒ぎに陥りました。
ん~、今の仕事もう結構長いけど、こんな事は初めてだよ・・・まぁ仲介してくれた百戦錬磨の業者さんが首傾げてたくらいだからね。
それにしても人間テンション10(MAX)から0に落とされたら、翌日また同じ条件に成っても5くらいにしか戻れんのだなぁ、なんかずぅ~っと疑ってかかっちゃって。(~_~;)
そんな訳で、気分は未だロー寄りのままです。
・・・もう新しい工具発注しちゃったよ(笑)。


此処で今週のネタ~!! ヽ(´-`)ノ
次期NHK大河の主役が御屋形様の姪の「お江」って事で、それに絡めて講談社から「歴史の旅・織田信長」というムック本が発売されています。
book12.jpg
同時に「歴史の旅・お江」も出てますので、興味の有る方は書店へGO!!
・・・第1号って書いてあるから新しい分冊物かと思ったけど、どうもそうじゃ無いみたいね。


                   おまけ
先日書いてた通り、(ガタガタのローテンションで)自作塗装ブースの再改良を行いました。
いやね、前回の改良で具体的に不満が出た訳では無いんだけど、完成後に細部を「あーしとけば良かった」「こーしとけば良かった」なんて逡巡してた所に、たまたま寄ったホームセンターで150mmΦのダクト&接続パーツを見かけたもんで、つい・・・。(^▽^;)ゞ
tb2.jpg
で、御覧の通り吸い込み口が面積にして2.25倍に成りました。

そしてフィルターは結局100均のレンジフィルターを16等分した物を、同じく100均の魚焼き網にクリップで止めて磁石設置する事に。
tb3.jpg
此れでランニングコストが大幅に下がるので、目詰まりしたら容赦無くバンバン替える方向で。
何っ?
クリップが可愛らしくてワシのキャラに合わない?
心配すんな、言うてる間に塗料で限りなく黒に近いグレーに染まって行くから。( ̄ー ̄)ニヤリッ
tb4.jpg
吸い込みは良好・・・ストライクゾーンが増えたので、前より効率上がった感じ。
まぁ換気扇側もちょっと煮詰めたからね。

更にテストで「猫の爪とぎ」によるパチモンのハニカムフィルターを設置。
tb5.jpg
次の塗装工程で良い結果が出たら、いずれクレオスのハニカムフィルターにでも交換するつもり。
「猫の爪とぎ」って目が細か過ぎるのよ。(^^;)

取り敢えず此れで一応完成って事で、将来心臓部の換気扇が壊れるまでは此のまま・・・の予定。
よく考えたら結局換気扇以外全部交換しちゃったよ。
でも百均やらホームセンターやらでテキトーに集めた部材が、色んなトコで不思議とサイズぴったりだったもんで終始気持ちの良い作業だったから全然良し。
総額は、此処まで紆余曲折せずにストレートに辿り着けてたら、大体6千円弱くらいってトコかな?

最後に成りましたが、雑誌及びweb上で自作ブースを公開して下さってる多くの先達に深く感謝。m(_ _)m

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」石垣パーツ 到着

de674.jpg
以前から別送と告知されてた石垣部分の本体パーツが、今朝9時にゆうパックで到着。
デカいね・・・先日買ったドライブースの外箱と似たり寄ったり。(^▽^;)ゞ

内容は、南側本体・北側本体・北側底板・ネジ5本という構成。
大きくて重量が有るもんだから、底板は接着じゃなくて本体にネジで留めるって寸法ね。
尚、南側の底板は予め本体に組み込んであります。
de675.jpg
今後は此の本体側面に、本誌で配布される石垣表面パーツを貼り付けて行くものと思われます。
材質は普通にプラなので、塗装は問題無し・・・デカ過ぎて事前にパーツ洗浄するのも大変だけど。(^^;)
風呂でも使うしか無いよね(笑)。

それにしても此れ、わざわざ金型拵えたって事だから、相当お金かかってるんだろうなぁ。
普通のプラモだとウン百万~ウン千万かかる上に毎年固定資産税取られる(資産扱いなので一括償却で損金に出来ない)と聞いてるけど・・・それを何年も何年も売り続けて利益出して行く訳だけど、こういう期間限定&分冊方式のキットでそれは無いし・・・ホント或る意味 築城者間による「互助会」なのだなぁ。
名も知らぬ全国の築城者に感謝。<(_ _)>
で、それだけ力入ってる&デアゴがちょくちょく押して来ただけあって、現物はなかなかの出来では有る。
屋根瓦はひた隠し、石垣は出し惜しみしてたって感じか? (苦笑)


ウチは本日、家庭内忘年会という名目で、例年通り福知山の牡蛎料理専門店にて牡蛎尽くしを頂いて参りました。
kakisue2.jpg
美味い・・・美味すぎる!! (>_<)

・・・でもね、昨夕仕事で久しぶりに朗報が入って浮かれてたのに、好事魔多しの言葉通り、丸一日経過した本日いきなりドタキャンされちゃって、気分は著しくローなのよ。
やっぱ運気ってそう簡単には上がらんね・・・下がる時は一気だけど。 (´・ω・`)
ん~精神的にいっぱいいっぱいだなぁ。
取り敢えずまた工具買うとするか。
150mmΦのダクトが手に入ったので、塗装ブースも再改良しよっと。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる ウッディジョー

デアゴスティーニ「安土城をつくる」98号 到着

de672.jpg
今号は土曜日午後1時半に到着。
パーツがみっちり入ってる為 標準サイズより大きいけれど、厚みは94号と比べて1mm薄くて(大まかに)規定値に収まってる・・・結構融通利くんだね、此のパッケージ。

内容は敷居×1・引き戸×1・壁13種×計15・桁7種×計7・垂木設置用(腰屋根部含む)の桁7種×計7・梁4種×計4・隅木2種×計2・広小舞3種×計3・垂木数種×計50・窓一式×3・突上げ戸×6・棟瓦×8・鬼瓦(エッチングパーツ)×8・・・あまりに多くて抜けが有るかもしれん(苦笑)。
尚、垂木の種類が不明瞭なのは、違う大きさ形状の物でも一塊(プラモで言うランナー状)単位で番号が振られている為です。
パーツ数は元より工程もバラエティーに富んでおり、黒塗装 & 金塗装(垂木の先) & プライマー塗布も有る事から、作業時間は結構かかるかと。
この辺は壁や梁まで黒指定だしね。

マガジンは「次男信雄の伊賀平定」・・・だけ
要するに組立ガイド(ステップバイステップ)が残りの10P全てを埋めてる訳ね。
なのでまた板垣先生はお休みです。
うーむ、物凄い帳尻合わせっぷり・・・110号で終わらせる為にはやむなしか。(-_-;)

また今回は「石垣パーツ別送のお知らせ」と銘打たれた紙が入っています。
de673.jpg
「12月中旬より順次発送」との事。
お歳暮時期とかち合ってるので遅れる事も予想されるけど、既に12月中旬には入ってるので暫く朝は注意しておこっと・・・ってオプション品は「12月上旬より」って話だったが。
それはそうと「ネジ」が付いてるそうなんだが、ネジ留めさせるの? (¨;)

ウチは現在 畳の製作中。
今週は仕事で機械トラブルに遭いまして(今年何度目だ?)、その対処で手一杯でした。
なんかねぇ、そういう事もレアケースからレアケースへ推移するのよね・・・いつまでツいてないんだろ?
(´・ω・`)

そんな中 今週の散財はクレオスMr.ドライブースぅ~!! ヽ(´-`)ノ
db.jpg
平たく言うと塗装やパテ処理したパーツの乾燥を促進させる機械で、これからの季節にはうってつけの商品。
安い対流式の食器乾燥機でも代用出来るんだけど、その場合設置床面積がデカく成る他 色々と使い勝手悪く成るので、模型用に開発されたコイツにした次第。
ま、お値段はその分張っちゃうけれど、前々から気になってた代物だし某量販店が限定ポイントUPセール中だったから気にしない。
ん~、作業時間がなかなか取れないストレスを、工具やら環境整える事で晴らしてる感じだなぁ。(-_-;)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」97号 到着

de667.jpg
今号は日曜朝8時半・・・ウチのお奉行様の予想通り、ゆうパックでの到着。
しかもいつものビニール袋じゃなくて、紙袋での梱包だった。
de668.jpg
それもその筈、大きさは89号94号と同じながら厚みは一気に6mmもふえてるし、持った感じもズッシリ重い。
ん~、やっぱ一階の屋根面積大きいもんね。
そんな訳でまた、ウチと同じ条件で届くのならば要押印なので御注意の程。

内容は屋根瓦の大雑把な固まりが4種×計5枚・型紙×5・野地板という名目の黒い厚紙×4と、チェックシートには記載されてない木製の屋根切り専用定規×1。↓
de671.jpg
(一応でも)工具が付いてるのって物凄く久しぶりね。
作業はもうずっと1階の屋根周りばっかりなんだけど、規模がデカいので時間は割とかかるかな?
屋根瓦の切り出しはそれなりにシビアなので慎重且つ丁寧に・・・失敗したら泣きながら1000円+送料握りしめてデアゴ公式HPへどうぞ(苦笑)。

で、注目の屋根瓦・・・
de669.jpg
造形は良い感じなんだけど・・・
de670.jpg
此のようにグンニャリ曲げる事が出来ます。
・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・
ええ、やっぱりゴム系でした。(~_~;)
なので組立ガイド(ステップ・バイ・ステップ)に「先っちょに金を筆塗り」という工程が有りますが、乾燥後に爪でこすると剥がれます
うーむ困ったねぇ。
別の手が無い訳では無いんだけど、出来るだけぶつけたりしないように気を付けるしか無いねぇ。
あと瓦側への塗装が困難って事は、最上階の屋根瓦と色が合わなければ「大棟」は色調合して塗り直しだねぇ。('A`)

マガジンは「御屋形様の叔母(岩村城主)の話」「御屋形様の城攻め1」「安土城天主の規模と高さ」等。
やっぱ江戸城デケぇなぁ。
リアルにその差を感じたければ、丁度「寛永度江戸城」が出たばっかりの(株)テクアスさんのペーパークラフトをどうぞ(笑)。
尚、今回は組立ガイドが見開き8Pに渡ってるので、城紀行も人物記もお休みです。
あ・・・って事は板垣先生は2週連続でお休みか。


ウチは現在カシュー塗装パーツの磨き中。
ホントは畳作ってる筈だったんだけど、年賀欠礼状を作製してたらプリンタのインクが一色スッパリ無くなりまして、またそんな時に限って色々と都合が有ったもんで、今日先程まで買いに出れなかった次第・・・ダ○ソーには行けたんだけど、詰め替えインクは何故か欲しいその色だけ品切れだったしさ。 (´・ω・`)
んー、先週からなんかツイて無いなぁ。
懸念だった業者兼友人はようやく来てくれた & 数年ぶりにゆっくり話す事が出来たけど、なんかそれ以来・・・。
あ、そう言えば彼は「見える人」だった!!
今年はウチに劣らずエラい目に遭ってるそうだし・・・変なモン置いて行ったんじゃ無かろうな? (; ・`д・´)

うそう、90号到着記事で紹介した集英社の「週刊 絵で知る日本史」、最新号は「姉川合戦図屏風」です・・・結局買っちゃったよ。(^^;)
book11.jpg
メインは浅井長政だけど、当然御屋形様絡みなので興味が御有りの方は書店へGO!!
税込み580円也。


さ~て、今週末くらいには石垣来るんかな?
早い人だとオプション品も届きそうだよね。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

プロフィール & 近況

うりざね (ダンナ)

Author:うりざね (ダンナ)
京都在住の自称愛妻家
獅子座 A型 姓名の総画23 数秘術33→6
紫微→命宮 宿曜=昴 魚王星 天王星-
"呑まない打たない買わない吸わない"と
四拍子揃った日曜日生まれのナイスガイ

<現在の工程=2階外壁周り>
第一次カシュー組 (柱&窓) の
ペーパーがけが終わったトコ

とうとうフォトラまで買ぉてしもたわ

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
関連企業 勝手に応援リンク
築城互助会(笑) 相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
誰も使わないだろう QRコード
QRコード
しょっちゅう止まるぞ FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。