スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアゴスティーニ「安土城をつくる」31号 到着

de293.jpg
今号は日曜夕方到着。
そう言えばクロネコ経由の別の定期購読誌(月刊誌)も遅かったなぁ・・・まぁ今迄を考えるとデアゴの方は決して遅い訳では無いけれど。
もしや選挙の影響? (^^;)

内容は梁と垂木のみ。
マガジンも含め、物凄く地味です!! ('A`)
そういう回を購入者全プレ直後に持って来る辺りなかなか・・・って考え過ぎか? (笑)

ウチはカシュー乾燥待ち。
とは言え、間も無く磨き作業が出来る時間を迎えます。
それでも17~18号の分の垂木が中途半端に残ってるんだよなぁ・・・更新はそれもやってからにするべきか否か、ちょっと悩ましい所。


それはそうと、昨夜の世界ふしぎ発見はなかなか興味深い内容でしたね。
御屋形様と秀吉を混同して素っ頓狂な事言ってた解答者はちょっとアレでしたが(苦笑)、宮大工さん達の仕事ぶりの辺りは素直に感嘆しました。
うーむ、映画「火天の城」の安土城は宮上氏案だと思われるのでデアゴのとはかなり違うけど、それはそれで着色された状態の物を無性に観たく成ってしもた・・・未着色の模型タカメさんトコの3月1日付け記事から頂いた写真で見れるんだけども。(^。^;)
此れはやはり劇場に足を運ぶべきなんだろうなぁ。

宮上氏案と言えば、二見浦近くの山の上に聳えるコチラの安土城もそうらしい。
ise.jpg
下見板無くて白いからパッと見そんな感じしないけれど(笑)。
因みに最上階の内装は金ピカ、5階の廻り縁は出る事もOKだった。
・・・っつーてもワシが行ったのはもう10年近く前の話。
あの頃は「伊勢戦国時代村」だったのに、いつの間にか「伊勢・安土桃山文化村」に名前変わってるのね。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」読者全員プレゼント 到着

来ました!!
de290a.jpg
夜も8時を回ろうかという辺りに、日通ペリカン便にて届きました~!!! ヽ(´-`)ノ
厚さが3.3cm程有るので、いつものメール便じゃダメだったのね。

外箱を外すとこんな感じ。
de291.jpg
フィギュア達の入ったブリスターパックと説明書と小さい両面テープが入っていました。
両面テープは刀掛けとかを壁に貼り付ける為のモノだそうです。

で、こちらが御屋形様。
de292.jpg
思ってたより出来が良くて驚いた!!! (*_*)
正直もっとテキトーな塗りでリペイント必須かと思ってました(苦笑)。
・・・なかなかやるじゃねーか、デアゴ。(´-`)ノ (De)


あと 昨日の記事でのワタクシの戯言に御応え頂き有難う御座居ました。m(_ _)m
予想よりも沢山の拍手数に感激しております!! \(ToT)/
いや~、最初は軽い気持ちで書いたものの、記事アップ後暫くしてから「もし誰も押してくれなかったらどないしよ」なんて思ってましたもので(苦笑)。
うーむ、何だかテンションが上がって来たぞ。
ココは此の胸の内の一端でも皆様にお伝えするべく、まさかのサプライズゲストとして東海一の弓取りと呼ばれたあの御方をお招きし、ワタクシの感謝の想いを代弁して頂きましょう。
それではどうぞ!!
yoshimotosan.jpg

・・・・・すいません、アホな事してんと塗装準備に入ります。<(_ _)>


あ、そうそう、今週土曜日の「世界ふしぎ発見」もお忘れ無く!!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」 interlude (隙間対策)

え~、突然ですが此処で予定を変更し、且つ周りの口車に乗って小ネタ挟んどく事にしときます。
外壁と梁に隙間が出来てしまった場合に如何に誤魔化すかっちゅう話なんですが・・・いや、端くれとは言えモデラーですんで出来ない様に調整するのが正しい姿勢なのはよ~く分かってます。
分かってますけども、出来てしまったモノは 仕方無い 。(; ̄3 ̄)
「外壁を床では無くて梁の方に付ける」等の対策も有りますが、窓穴との兼ね合いやパーツの反り等のせいで それでも少しは開いてしまった、もしくは「もう既にやっちゃったから無理」と言う事も多々有るでしょう。
またあくまでも 邪道 ですんで、一々記事化するのもどうかなぁと暫く悩みましたが、一応ウチは表向きあくまでもワシ個人の「覚書」という体裁ですし、こんな小ワザ他の模型組む時にはしないでしょうから、今回こういう形で記述しとく事にしました。
リアルタイムで進められてる方は北側の丁度此の辺りでしょうし・・・。
まぁ木製模型なので今無い場所でも経年に拠る歪みでいずれ出来たりするかもしれないし、今後屋根瓦が乗ったりするとどんな感じに成るのか分から無いので、個人的にはあまり神経質に成っても仕方ないのではと思いますが、何分此の先常に見える外側ですし、日々の作業中にどうしてもそこ(隙間)に目が行って精神衛生上宜しくないという方もきっと居られるでしょうから・・・(笑)。
と言う訳で、そういう場合以外はどうぞ読み飛ばして下さいまし。


前置きはこんなモンにして実際の作業へ。
最初の何もしてない状態。
de_i001.jpg
向こう側の光が透けて、ハッキリ隙間が有るのが分かります。
そもそも何故隙間は目立つのかと言うと、此の様に向こう側から光が漏れて来るからですわな。
という事は、逆にその光を遮断してしまえば良い訳です。
とは言え塗装も接着も済んだ後からパテ埋めする訳にも行かないので、今回の様な誤魔化しワザを使います。

A
先ずカッティングシートを細く(2~3mm幅)短冊切りにする
de_i002.jpg
此処ではカッティングシートを使いましたが、キット付属の襖シールの余白とかでもOKです。
要するに白いシール状の物ね。

それを粘着面側が山に成る様に二つ折りにする
de_i003.jpg
やり難い場合は順番を逆にして折り目を付けてから短冊切りにするも良し。

それを隙間にデザインナイフ(塗料剥げに注意)や爪楊枝(先をナイフで平たく削ると尚良し)等を使ってグイグイ押し込む。
de_i004.jpg
壁の面より更に奥に入るくらい(反対側に突き抜けない程度に)押し込む。

すると此んな感じの仕上がりに。
de_i005.jpg
右側の壁と比べると一目瞭然。
段差による陰影で、視線を隙間の有った所と垂直に交差させない限りほとんど分かりません。
前述通り幸いにも(?)此の後に垂木や屋根瓦なんかが前に付きますんで、そうなると垂直に見る事も出来なくなりますし。

B
あと一つ、もっと小さな隙間なんかだと、木工ボンドを使うという以下の様な方法も有ります。

(1) 先を削った爪楊枝等の先に木工ボンドを適量乗せ 隙間に捩じ込む
(2) はみ出たボンドは乾かない内に手早く濡れた綿棒やティッシュで拭き取る

それだけ。
乾くと透明に成る木工ボンドですが、実際は完全に透明では無いので小さい隙間とかだと遮光してくれます。
但し此の場合、壁をラッカーやカシュー等の油性塗料で塗っている事が前提条件です。


以上 小手先の誤魔化しワザでした。
何となく舞台裏明かしてるみたいで恥ずかしい限り。(..;)
・・・こんなのって役に立ったりするんでしょうかね?
もし「役に立った」、或いは「役には立たんけども面白い」と思われましたら、お手数ですが下の「拍手」ボタンを押しといて頂けると今後の参考に成りますし、何より本人喜びます(笑)。

尚、今回紹介した方法を用いる事で何かしらのトラブルが発生しても、当方は一切の責任を負いませんので、その辺はあくまでも自己責任という事でお願い致します。m(_ _)m

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」30号 到着

de287.jpg
今号は土曜の午前中(10時台)に到着。
今迄で一番早いタイミングか? (^^;)

内容は桁・梁・垂木と今回も非常に地味です。
先週号の予告(表紙の裏の小さいの)時点では「階段」とも書いて有り、「此れ以上何が?」と思ってたんだけど、それは単なるミスだったのね。
しかも明らかに全プレが入ってる様子も無し。
慌てて開けて見ると中には一枚のペラ紙が・・・。
de288.jpg
何々、「8月下旬より順次宅配便にての別送」だと!? Σ(゚Д゚ ;)
そこで最初の方の号に付いてたチラシを読み返してみると、「30号送付時に自動的にお届け」と書かれている。
うーむ・・・微妙だが確かに「同梱」とか「同時発送」とは書いてないな。
こりゃ一本取られたわ。

そんな訳で先週の記事は一部誤りでした、申し訳ない。m(_ _)m

その代わり・・・と言う訳でも無いでしょうが、何故か映画「火天の城」の二つ折りチラシが入っていました。
de289.jpg
本格的に提携したのか?
またマガジンにはタカメさんを始め(当然ワシもですが)、一部で人気の「ものがたり城」が載ってます。
今回は結城城の埋蔵金伝説です。

ウチは軒周り・・・同じ様なパーツばかりなので一気にやってしまいたい所だけど、何分「量」が有るもんで固定用クリップの数の事考えて、取り敢えず14~16号迄の下地処理をやってます。


それはそうと、先日初めて高速道路の事故渋滞に巻き込まれてしまいました。
原因はトラックの炎上だったんだけど、それよりも事後処理の段取りの悪さのお陰で20分程の道に結局3時間程かかってしまい、当初の予定ダダ狂いです。
せめて手前のインターで止めたままにしといてくれれば・・・。
I自動車道管理してるトコよ。
君達はアホや!! ヽ(`Д´)ノウワァァン

ついでに何処かで風邪菌貰ったらしく、喉のリンパ腺がちょっと痛い。
熱とか普段通りだからインフルでは無い模様なので一安心では有るが。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」29号 到着

de286.jpg
今号は日曜昼過ぎ到着。
盆休み中なので、てっきり火曜着かと思ってた。(^^;)

内容は梁・桁・隅木・窓と、非常に地味な感じに戻ってます。
マガジンは今号次号と石垣が続く模様・・・だいぶ先なのにね、石垣。
一体どういうモノに成るのか、畳の時と同じく今から楽しみであり不安でもある。

それはそうと、デアゴ直販組の次号にはいよいよ読者全員プレゼントのミニチュアフィギュアが付いて来ます!! ヽ(^o^)ノ
未だ未だ先だと思ってたのに・・・早いですね、30号まで。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」外壁周りと梁 (1階南側)

ジャスコのCM…‥ずっと「水着魔人」「浴衣魔人」だと思ってた。
_| ̄|○


・・・はい、今回も遅くなりました・・・スミマセン。
訳有りとは言え、気付いたら丸一ヶ月過ぎてて我ながらちょっとショック。
此の妖精っ娘の名前が知らん内にフローレンに変わってたくらいショックでした。
nonnon.jpg
いやまぁスナフキンが実はミーより年下でしかも弟だと知った時程では有りませんが。
え?
そんな話どうでも良い?
失礼しました、直ちに本題に入ります。m(_ _)m


今回は予告通り、順番を無視して1階南側の外壁周りと梁の設置作業をやって行きます。
此れはデアゴの指定通りだと軒周り&窓→縦板という順に成り、それだと効率が悪いと迄は言わないにしても、明らかに仕事が進め辛い、下手すると何かの拍子に垂木とかへし折ってしまいかねないと思った・・・と言うかカミさんに指摘されたからです。
段取りに関しては、当時(6月下旬) 丁度その直前まで進めておられていたラグにゃんさんから、今から辿る工程が一番理に適ってるのではという機知を得ましたので、素直に年長者の御意見に従う事にします(笑)。

そういう訳なので、今回いつものパーツチェックはせずに必要な部品だけを各号のブリスターパックから適宜引っ張りだして来る事に。
先ずは19号より今回のメインであろう縦板から。
写真の様な溝の有る板(各4枚ずつ付属)を、外壁の幅に合わせてカットして貼り付けて行くっつー手筈。
de267.jpg
強いて言うなら縦に入った溝の幅がオーバースケールかと思われるが、その辺を追求する(細くする)とロングで見た時に溝が見えなく成りそうなので、レーザー機器の事考えても此の辺りが妥当な線だろう。
もっともこういう溝って、ロボットのパネルライン同様あくまでも「それっぽい」事が重要なので、あまり細かい事言わない方が良いのかもしれない。
因みに3年前の三浦・佐藤両氏案では縦板張では無く下見板張で、此の模型とは外観かなり違うのよね・・・1階の階段も中央部のデカい方しか無かったし。
一体此の3年で何が有ったと言うのか・・・? (-_-;)
まぁウチとしては縦板張でも下見板張でも特に拘りは無いのでどっちでも良いんだけどね。
が しかし、縦板張だと言うならば、それはそれで全く此のまんま進めるっつー訳にはワシとしてはイカン訳ですよ。
と言うのもワシにとって真壁造の縦板張と言うと、どうしてもこういうイメージだから・・・
de268.jpg
要するに縦板が柱とフラットでは無くちょっと段落ちしていて、溝の部分には目板(押縁)が付いてると言うモノ。
ベースが段落ちしてる事で柱が際立ち、目板との間にリズムが生じてなかなか良い感じ!!
また現存している本物の城だと下見板張がほとんどで、縦板張になると真壁造では無いけど「備中松山城」くらいしか思い付かないのだが、あそこの壁にしても目板は入って居るから(高知城は横に入ってたりするが)、余計にそんなイメージが強いのかもしれない。
・・・うん、平たく言うと目板が入れたくて仕方ないのよ。

何はともあれ どうしてもそんなイメージが払拭出来無いなら止むを得まい、手を動かす事にしよう。
はい、作業時間が激減した事もお構い無しに、いつものビョーキが出て来ましたよ~。
( ゚∀゚) アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!

段取りは単純、最初に板を壁の大きさに合わせてカット(左上写真)、それを薄く削り(右上写真)、最後に目板に見立てたプラ材を貼り付けるという3工程。
de269.jpg
目板の太さに関しては、都合の良い事に実際の建築物でも壁の大きさに合わせて太く成ったりするので、結構テキトー。
但し板自体は薄くする訳で、しかも縦溝入ったままだから、当然非常に割れ易かったりする・・・実際割れては修復を何度か繰り返し、今回の作業遅延の一因に成った。
出来るだけ付属パーツを使おうとしたのが裏目に出た訳だ。
その辺を踏まえて北側やる時は全部プラ材に置き換える事も考えよっと。


次に長押。
de270.jpg
塗装する前に仮組みし、角の接合部を調整
de271.jpg
・・・なんだけど、そのままだと此んなにもズレが有るので結構面倒。
しかもウチの場合、一番小さいヤツは端がエグれてるという不良品だったので、その修復にも手間を取られる。
de272.jpg
久々に デアゴ!! (゚Д゚)ゴルァ


怒りを虚空にぶちまけてる間(地球時間では数日に相当)に縦板の黒カシュー処理が完了。
de273.jpg
いやホントは一度出来たのに、表面処理が気に入らなくてやり直したりしてます。
コイツを瞬着にて貼り付けて行く。
de274.jpg

更に長押の黒カシュー処理も完了・・・小さいのだけ写真撮り忘れてた(苦笑)。
de275.jpg
コチラも設置。
de276.jpg

そして今迄水面下でコツコツ作っていた窓登場。
写真の通り、設置前は2ピース状態。
de277.jpg
最初に作った数個は外側格子部分も接着してたんだけど、此処でも「後付けにした方が水平に調整し易い」というラグにゃんさんの御言葉に従って引っぺがしました。
「毒食らわば皿まで」ってヤツですね。(← 間違ってる上に大変失礼)

15号に付いてくる唯一の小さな窓も今回組立。
de278.jpg
一応他の窓同様開閉可能なのだが、小さ過ぎて開けててもよく分からないので意味が有るのかどうなんだか・・・。

コイツ達も穴を削って調整しながら順次設置。
先に基部を通して瞬着で固定、格子部を水平に調整・・・と言うか長押に沿わせて貼り付ける段取り。
de279.jpg
くれぐれもランピさんが書かれてた「入る物から入れていくと最後の1個は必ず入らない」というあるあるネタにハマらない様に注意(笑)。


締めは梁。
14~17号より一気に引っ張り出して来て、表面を磨いた後キヌカ塗布。
一応パーツ混同を防ぐ為、後から見え無く成る交差用の凹み部分に数字を書いておく。
de280.jpg
それらをガイドの指示に従って嵌め込んで行く。
予め調整しといたので嵌め込み自体は苦労しなかったのだが、外壁との間に多少隙間が出来たり・・・。
(´・ω・`)  ショボーン
もっとも組立ガイドの写真を見るとデアゴのも結構開いてるので、此れはもう当たり外れとかそういうモンだと思う事にする。
・・・つもりだったんだけど、一箇所だけどうしても許せない程開いたトコが出たので、そこだけ廃材を使って処理してみた。
de281.jpg
むぅ~、何故此れだけ妙に短いのか? (~_~;)

南北の梁を嵌め込む前に、以前作った畳を忘れず入れてから梁の設置作業を済ませる。
但し対面の間とその東隣の部屋は、今後の作業時に触ってしまう可能性が有るので今回もスルー。
de282.jpg
うーむ、今迄ちょっと油断してるとパカパカ外れてた長押や障子が嘘の様に安定したね。
・・・畳入れの邪魔に成らない梁だけ先に付けとくべきだったかもしれない。


まぁそれはそれとして、柱や長押が安定したのなら放置してた対面の間の仕上げも施さねばなるまい。
っつー事で長押金具設置。
de283.jpg
但し6階とは柱も長押も太さが違うので、以前作ったモノでは小さ過ぎる。
そんな単純な事に気付いたのがプロフィール欄に「もうすぐ作業終わり」と書いた直後・・・なんて間抜けなワシ!! (+_+)
ガッカリだ。
こっそり藤崎奈々子ラーメンが閉店してしまったのと同じくらいガッカリだ・・・いや特にファンだった訳では無いけども。
気を取り直し、そこから慌ててデータ作り直してプリント。
今回は釘隠しに合わせて金色画用紙を使用。
もう少し小さくても良かったかもしれないが、長押が異様に太いのでバランス考えるとそれも微妙な所。
取り敢えず此の写真だけ撮って、畳は前述通り撤去&ジップロックへ収納。

そしてこちらが今回の・・・と言うか黒カシュー仕上げ最大の見せ場である外壁。
de284.jpg
以前載せた写真は小さくてイマイチ伝わらなかったと思うけど、今回はどうだろうか?
お盆に合わせてって訳では無いけど・・・御位牌みたいでしょ? (笑)
こういう漆の質感ってラッカー研ぎ出しでは出せないし、そもそも今迄木目消しに躍起に成ってたのも色々と面倒なカシューを使って来たのも、当初から外壁をこんな感じに仕上げたかったからこその話、要するに此処が本番だった訳で御座居ます。

え~まぁそんな感じで今回の作業は完了
de285.jpg
以上お疲れさまでした <(_ _)>

いや~、冒頭ではちょっとふざけましたが、実際こんなに時間かかったのはショックでしたよ。
なんやかんやで作業出来る時間が2/3~半分くらいに成ってしまったからなんですが、問題はあと1~2ヶ月此の状況が続きそうな事。
只でさえ遅いのに、今後どれくらい遅れて行くのかちょっと想像付きません。
今度ウッディジョーから出る1/150安土城もいずれ作りたいんだけどなぁ。

あ、いずれ作りたいモノと言うとコチラ↓
volksgk.jpg
以前タカメさんとの遣り取りで書いた、京都の誇るガレージキットメーカー「ボークス」製の「1/6 信長」。
何分20年近く前のキット、しかもあまり売れなかったのか、ほとんど再生産もされて無いので今やオークションでもほとんど見ない、見てもプレ値付いちゃう代物です。
当時の模型誌の記事の感じだと、もし此れが売れてたら信玄や謙信、果ては義経、龍馬までラインナップされてたかもしれないのに・・・ちょっと残念。
中身は象牙色レジンのムクですが、塗装して仕上げると付属写真の様な凛々しい御屋形様(一応長篠の合戦時らしい)が出来上がる・・・予定。
お馬さんが変身忍者嵐のハヤブサオーみたい(古過ぎ)で素敵!! (;´Д`)ハァハァ
カシューとかフィードバックして投入するつもりなんだけどなぁ。

次回は軒周りを或る程度まとめて。
・・・何はともあれ早く退院されます様に。(-∧-;)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」28号 到着

de266.jpg
今号も土曜日夕方(夕刊より後)到着。
そう言えば今日は蝉共の攻撃は受けなかったなぁ。
長雨の影響とかで今年は数少ないのか?

内容は8本の梁と2本の桁(片方は今回未使用)、後は中央の大階段パーツという割とシンプルな構成。
桁17は南側にはみ出させるのか・・・う~む、此の後どうなるか分からんので今は何も言えないけど、何かの拍子にへし折ってしまいそうだから気を付けんとイカンな。
マガジンでは季節に合わせてか怪談が載ってます。
Σ(゚Д゚ ;) ハッ ・・・まさか階段に掛けてるなんて事は・・・無いよね、やっぱり? (苦笑)

ウチはカシュー処理パーツの仕上げ磨き中。
出来れば今日中に終わらせて、明日からは組立に入りたい所。
窓と長押嵌める辺りって手間掛かるんだろうな、やっぱり。(-_-;)

そうそう、今月下旬辺りのTBS「世界ふしぎ発見」で御屋形様特集組むそうです!!
信長の館の復元天主(当ブログでは便宜上セビリア天主と呼称)も出てくるみたいなので、築城に関わってる方は是非観ましょう。(^_^)
蛇石運んでる映像出てたけど、きっと映画「火天の城」絡みなんでしょうね。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」27号 到着

de264.jpg
お中元配送も終了したのか、今号は久々に土曜夕方到着。
そして初めて投函される瞬間を見た。
・・・日通ってメール便も普通に配送トラックで配送してたのね(京都だけ?)・・・そりゃお中元ラッシュの煽りも食らうわな。
しかも車には「冷凍」って書いてあったし。( ̄□ ̄;)

内容は大量の腕木、桁、畳に加え、階段とその付属物(宝珠柱や手摺り等)が登場しています。
うーむ、ツートンカラーの階段か・・・あと今度の宝珠柱は黒と白木の二種類なのね。
作業としては楽しそうだな、27号。

ウチはカシュー塗装まで終わったものの、縦板の仕上がりが気に入らなかったので、そこだけやり直し中。
目立つトコだし北側以降の事も有るので仕方あるまい。
まぁ実験と実践を同時にやってる訳なので こういう事も有る。


あ、そうそう、今週号と言えば「名将の決断」の最新号が「長篠の合戦」ですので、御屋形様フリークの方々は要チェック!!
de265.jpg
・・・なんか最近やたら本ばっかり買ってる様な気がする。
ジャンプすら溜めがちだと言うのに。('A`)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

プロフィール & 近況

うりざね (ダンナ)

Author:うりざね (ダンナ)
京都在住の自称愛妻家
獅子座 A型 姓名の総画23 数秘術33→6
紫微→命宮 宿曜=昴 魚王星 天王星-
"呑まない打たない買わない吸わない"と
四拍子揃った日曜日生まれのナイスガイ

<現在の工程=2階外壁周り>
第一次カシュー組 (柱&窓) の
ペーパーがけが終わったトコ

とうとうフォトラまで買ぉてしもたわ

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
関連企業 勝手に応援リンク
築城互助会(笑) 相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
誰も使わないだろう QRコード
QRコード
しょっちゅう止まるぞ FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。