スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアゴスティーニ「安土城をつくる」ディスプレイケース到着

          皆様、御無沙汰しております、うりざねです。m(_ _)m

   本日ようやく「ディスプレイケース」が届きました。
           case01.jpg
デカい、デカ過ぎる!! (爆)
どれぐらいのデカさか御理解頂く為、手前にジャンプを置いてみた(下の写真)。
・・・うーむ、サイズはチラシ等で事前に分かってたけど、実際目の前にすると凄ぇなぁ。
しかもウチはケースのみ注文だったから未だ此れくらいで済んでるけど、テーブルまで頼んだトコなんかどエラい状況に陥ってるんだろうなぁ。( ̄□ ̄;)

配送には初めて佐川急便が利用されたもんで、到着時間も全く想定外の夜7時前・・・ゆうパックで断られたか? (笑)
それでも上の写真の通り外箱が所々凹んでたり、縛り紐がブチブチに切れてたり消失してたりで、佐川の兄ちゃんが眉間に皺を寄せて「ヤバいなぁ...大丈夫かなぁ...」と呟いてたが。
うんうん、京都に来る迄にそう成ってたんだね、兄ちゃんが悪いんと違うんだね、分かった分かった。
(--)(__)

側面には重さとか開封方法の指示なんかが書かれてたりする。
case02.jpg
中身の安土城より重いか?

また「納品書」と毎度の如くの「無事に御届けできましたでしょうか?」もビニール袋に包まれて貼り付けられています。
case09.jpg
一緒に入ってる黄色い用紙にはデアゴからのメッセージが・・・何々、当初中国産と案内してたけど満足行く製品に仕上がらなかった為、一部材質変更して急慮国内で一から作り直したので、それで発送が遅れましたと?
・・・・・
・・・・・
外箱にMADE IN CHINAって書いてあるのにか? (-_-;)

・・・深く考えるのは止めて、広い場所に移動して開封。

1番上は側面板(左右短辺部分)×2枚(左写真)と細かい部品(→右写真)。
case03.jpg
右の内訳は耐震マット×4・扉止めネジ×2・木ダボ×10・ネジ×9・扉用房付きネジ・木工ボンド。
耐震マット付いてるのは面白いと言うか時事的と言うか・・・。
尚、木ダボは後述の組立説明書には9個と書かれてるので、1個は予備かと。

2段目は背景板。
case04.jpg
裏は黒、表は金色。

3段目は扉。
case05.jpg
外枠右端上下に開閉の為の突起が有る。

4段目は天枠。
case06.jpg

下段は土台と組立説明書。
case07.jpg
こいつが厚くて重いのよ・・・もうちょっと薄くても良かったのでは?
でもそれだと自重でひしゃげたりするのかな?

石垣部分を置いてみる。
case08.jpg
左右には余裕が有るので、ベース全開でもギリギリ行けそう。

どうでもいいけど部品を包んでるビニールにはパーツの場所名が書かれていますが、マジックによる手書きです。
case10.jpg
なんか泣けてきます(苦笑)。

以上、前述の黄色い紙の内容は兎も角、1万7000円という値段を鑑みると結構優秀な商品ではないかと。
こういうアクリルケースってかなり高いし、サイズもサイズだしね・・・某HPで自動見積もりしたらエラい額出てビビりました(全面アクリルだけど)。
取り敢ず組み立てるとその部屋から出すのが大変に成るので、今回は元通り箱に戻して保管。
最終設置場所を決めて、そこで組み立てるべきよね、コレって。

・・・パッと見だけど佐川の兄ちゃんが懸念してた破損は無さそうで良かった。( ̄ω ̄; )



チの築城具合は間も無く白壁の下地処理が終わる所・・・相変わらずのバタバタ具合に加え、そもそも2月中頃~4月頭までは繁忙期なのでちっとも進んどらんね。
しかも此の4月から町内会の役持たされるし、明日は(当初の予定通り)身内の二度目の手術だしさ。 (´・ω・`)

今後は一陣目のカシュー処理パーツを磨いて設置→接合部の壁自作→白塗装→縦板自作→新規パーツ自作→二陣目のカシュー処理→梁等の磨き&キヌカ塗布→組立と進む予定。
まだまだ先は長い・・・ホント此処どうしようかしらね。
今回で「到着記事」も終わりだしね。

悩みは尽きないが 放置してた此の一ヶ月程の散財~!! ヽ(´-`)ノ
apc006n.jpg
はい、エアブラシのコンプレッサーです。
愛用してた20年モノも未だ一応健在なんだけど、いい加減いつ壊れてもおかしく無いので転ばぬ先の杖と言いましょうか・・・。
うーむ、しかしスペック全部上位のにしたのだが、動作音がむっちゃ静かで驚いたよ。
これでも五月蝿い方の機種らしいのに、以前と比べると まるで「そよ風」の様です(笑)。
コイツに15年モノの造形村レギュレーター&ダストキャッチャー&ドレンを接続して設置完了!!
作業部屋専用に格安でiPod対応CDラジカセ(カセット付いてないが・・・ってカセット無いのって何と呼ぶんだろ?)も入手した事だし、モチベーション自体はむしろ上がってるんだけどなぁ。
いや、ワシの模型製作ペースって本来こんなモンだったけれどもね。(^▽^;)ゞ

それではまた。<(_ _)>


                    おまけ

                 今年も円山公園 枝垂れ桜の定点観測
        maruyama2011.jpg

         同公園池のアヒル
maruyamaduck.jpg
       今年はバリケン居なかった

                  近所の猫
        maruyamacat01.jpg
         白い方は人懐こくてお触りOKだった '`ァ'`ァ(*´Д`*)

                             同じく
                    maruyamacat02.jpg
                        上の二匹とは血縁関係と思われる
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」110号(最終号) 到着

 \(ToT)/ 祝 完結!!! \(ToT)/
       de760.jpg
そんな訳で最終号もクロネコメール便にて、日曜日正午過ぎ到着!!
・・・いや~、ちゃんと完結しましたねぇ。
「デアゴは今迄全国版にした企画を途中で投げ出した事は無い!!」って言われても、此のご時世なので正直 会社自体がどないか成っちゃわないか内心ドキドキしてたよ。(^▽^;)ゞ
御陰でより感慨深い・・・同梱されてた「刊行終了のお知らせ」を眺めるとジワジワ実感が涌いてくる。
de761.jpg
・・・ううっ、だから厚さが2.3cm程も有る事なんて涙で曇って見えません!!! (爆)

内容は五階棟瓦×8・六階屋根瓦(茶色)×3・六階棟瓦(茶色)×4・鬼瓦(エッチングパーツ)3種2シート×計14・屋根型紙×2・野地板という名目の黒い厚紙×3、門周りに移って外壁縦板×2・敷居×1・扉枠×2・柱2種×計4・貫2種×計4・梁4種×計4・扉×2・壁2種×計2・閂2種×計3・門奥の小さい階段一式・門の金具(エッチングパーツ)7種×計12・おまけ(?)の垂木用角棒×1。
一番最後のは隅木周りに短い垂木がもうちょい欲しいと思う人が任意で追加出来る様に用意された物だそうです。
ん~、エッチングパーツが合計3シートも付いててゴージャスではあるんだけど、やっぱ希望してたパーツの全ては付かんかったか・・・今後追々考える事にしよう。
作業的には門周りと屋根の残りね。
最後に無理矢理帳尻を合わせる為か組立ガイド(ステップバイステップ)が見開き12ページに渡っており、ちょいちょい強引な手法が用いられているので、その辺御注意の程。
中には開閉機構を損なう例の屋根瓦問題の解決策も含まれております。(^◇^;)

マガジンは「安土城天主復元の軌跡」「鬼門」。
三浦先生、天守指図完全否定してはるなぁ・・・確かに信長公記には矛盾無いのかもしれんけれど・・・やめとこ(苦笑)。
尚、前述通り組立ガイド(ステップバイステップ)が多い為 今回は増ページ(表紙含めて全20P)仕様ですが、先週号の予告に記載されてた城紀行「岩村城」は載っておりません

最後まで行き当たりばったりかいっ!! (^◇^)/

まぁそういう事も含め、今回は最初の頃の様にアンケート用紙が同梱されております故、そこに2年間溜まりに溜まった思いの丈をぶつけてやるのも宜しいかと(笑)。
de762.jpg
裏面では今後の商品リサーチをやってて、安土城以外の城か寺社建築物か「将来木製模型物を出すとして何やったら買うんでっか?」と聞かれております。
成程、デアゴ的には「城枠」じゃなくて(軍艦も含まれてるが)「木製模型枠」としての存続を考えてるのか・・・城限定だと難しそうだもんね。
安土城よりデカい天守は値段合わせるとスケールダウンしちゃうだろうから色々無理が生じそうだし、中割れして内部が見えるってのも連結型天守系には向かないし、かと言ってその辺のプレイバリューが何も無いと「押し」が弱いだろうし。
そもそもマガジンのネタは有るのか?
フェラーリF1のラジコンが二つ出たからその辺は何とか成るのかな?
ま、一年後くらいには何か発表されるだろう・・・多分もう買わんが。 ( ゚∀゚)

そうそう、同時に108号の不良パーツの代替品も届きました。
de763.jpg
今回不良品によるパーツ請求って初めてしたんだけど、結構大雑把な梱包で来るんだね。


ウチは目標を達する事が出来ず、只今塗装直前の下地磨きでペンサンダーが大活躍中。
いやね、今週は急遽コレ ↓ を100本程作ってたもので・・・
clip.jpg
ええ、塗装時のパーツの持ち手です。
取り敢ずこんだけ有ったらそうそう困る事も有るまいて。
でも御陰で右手がダルいのなんの・・・明らかに怠っとるな。(T.T)


~ん・・・思い起こせば一昨年の9月、「デアゴスティーニから安土城の木製模型が出る」との情報を得てから此処まで約2年半、ウチもそれに合わせてブログを始めた(当初はYahoo!ブログにて限定公開)訳だけど、過ぎてみればホントあっと言う間だったね。
実際の完成は未だもう少し先って方が多い様だけど、
何はともあれ此の地獄(?)の築城マラソン完走おめでとう&お疲れ様で御座居ます。<(_ _)>
いえ、ウチは未だ折り返し点にも到達しておりませんが・・・。
あ、完成後の模型に直射日光は厳禁ですからね!!


・・・さ~て、それはそうと此処も来週からどうしたものか・・・結局何も考えてねーや(苦笑)。
取り敢ず近況報告&生存証明は右上のプロフィール欄でして暫く此のまま様子見って事で。
それでは次回、ディスプレイケースが届いた辺りに。(^_^)ノ



                   おまけ
この3日に発売された洋泉社の「歴史REAL」という雑誌の第2号のメイン記事が「織田信長の城大研究」&「あなたの知らない信長」でした。
book15.jpg
普段こういう複数の記事が混在してるヤツはほとんど買わないんだけど、藤井氏案の安土城復元図が載ってたのでつい衝動買い。
見覚えの有るタイトルだなぁと思ってよく考えてみたら、以前創刊号をだいじろうさんトコが紹介されてたんだった。(^^;)
月刊誌だと思ってたら不定期のムック本だったのね。
他にも「のぼうの城」関連の記事&DVDが有るので、そちらがお好きな向きも本屋へGO!!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」109号 到着

de758.jpg
今号は日曜日の正午前後、メール便にて到着。
・・・厚さが2.3cm有るんだけど見なかった事にしておこう(笑)。

内容は五階天井板×1・天井裏用桁5種×計10・軒用桁2種×計7・屋根見切り用桁(角棒)×2・角柱×4・円柱×4・壁2種×計8・隅木3種×計12・垂木4種×計7ユニット・端の短い垂木にする為の角棒×1・風鐸(エッチングパーツ)×8・屋根瓦×2・屋根型紙×2・野地板という名目の黒い厚紙×2・角度チェック紙×1。
最後の角度チェック紙とは、八角部コーナーに当てて隅木の正しい角度を測る為の物。
作業自体は基本的に最後の垂木地獄・・・故に107号同様、垂木12~13&17~18は一塊で数字がふってあるけれど実際は長さバラバラの別物が寄り合ってる状態なので、バラす際は混乱しちゃわない様気を付けましょう。
まぁ今回一番大変そうなのは屋根瓦だと思うけども・・・四隅の柱に合わせて切り込むって、見てるだけでナーバス。( ;‘e‘)
あと屋根の見切り(桁21)を付けるのも八角部(シール面)を汚さない様にしなきゃね。

マガジンは「御屋形様の子孫たち(4)」・・・だけ
だいじろうさんが気にしておられたフィギュアスケートの織田信成選手の家系は、コラムにちょこっと載ってる七男信高のトコらしいです・・・途中で次男信雄の子孫が養子に入ってたりしてややこしいけどね。(^^;)


ウチは前回からあまり進んでません。
只でさえ此の時期は一年で一番忙しいのに、先週は津往復やら身内が手術の為に再入院やらで車であちこち走り回らされておりました故、プライベートな時間があまり取れませんでした。
・・・お陰でなんか疲れが抜けん・・・歳か? _| ̄|○
今週中には第一次カシュー塗装まで行きたいのだが。


全く関係ないけど、アイダホ食い逃したのでマイアミバーガーはとっとと食った。
miami.jpg
チリソースは相変わらずカレーっぽいが、タコスにはよく合ってる・・・非常に大雑把に言うと、辛めのキーマカレーを塗ったドンタコス(湖池屋のスナック菓子)の味が追加されたクオーターパウンダーって感じ? (^^;)
コレも結構イケたが、お奉行的には今冬グラコロが出ないというのが赦せないそうだ。

だがドムドムがその隙を突いてパチモン類似商品を出してるとの事なので、ご機嫌伺いの為に後日ちょっと遠回り&購入して来た。
domgura.jpg
味はマクドのと遜色無かったけれど、「チーズ入り」と指定してその分の代金も支払い、しかも受け取るまでに3回程向こうから念押しで確認されたのにも関わらず、帰宅していざ食べようとしたらチーズ入って無かった・・・
ドムドム!! (゚Д゚)ゴルァ
そう言えば先週も自宅から12km程離れた総菜屋で一品入れ忘れ食らったなぁ・・・何故こういう事って続くんだろ、ウチ? ('A`)


次号 いよいよ完結!!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」ディスプレイベース到着

本日朝8時半、ゆうパックにて馬鹿デカい荷物が届きました。
de749.jpg
・・・うん、箱天面に思いっ切り「ディスプレイベース」って書いて有るのでそうなんだけどね・・・御陰で受け取る時ちょっと恥ずかしかった。(^^;)
先日のお手紙に「2月末までに」って書かれてたから、発注が遅かったウチはギリギリに着くもんだとばかり思ってたよ。
因みに右の丸いのは大きさ比較用のCDね。

中身を引っ張り出すとこんな感じ。↓
de750.jpg
歪な形を発泡スチロールでカバー・・・だから余計にデカいのか。

更に本体だけ抽出。↓
de751.jpg
MDF(中密度圧縮合板→要するに木くずを圧縮して固めた様な物)製なのでかなりズッシリ。
外箱込みで計ったら6kgちょい有ったので、大体5kgってトコか?
質感は悪くないが、表面には所々粗が有る・・・その辺はまぁ中国製って事で(苦笑)。

裏側。↓
de755.jpg

両サイドには真鍮製金具と天然木製の閂(かんぬき)が付いていて、そのままだと左写真くらいまでしか開かないので、右写真の様に閉じた状態で閂を外す。↓
de752.jpg
アホな事やってたもんで、閂の塗料表面に傷付けてしもた・・・。_| ̄|○
いや、前述通り元々別の所に傷が有ったり表面のクリア塗装にムラが有ったりしたので、どっちにしろ後日クリア吹き直し&研磨するつもりだったんだけどね。(^▽^;)ゞ

最大開放 ↓
de753.jpg
結構開くが、此の状態でケースに入るのかは実際に合わせてみないと分からんね。

石垣を載せてみる ↓
de754.jpg
縁の段差にピタリとハマる様には成っているけれど、石垣をキッチリ固定出来る訳では無いので多少不安が残らんでもない。
石垣裏面に有るネジ穴を利用して、ダボを付けると良いかもしれない。

同梱書類は毎度の如くの「納品書」と「無事に御届けできましたでしょうか?」の他に、以下の二枚。
de756.jpg
de757.jpg
上は取説で「セットした安土城を開ける時は閂を外してゆっくり開けろ」「持ち運びの際は閂を奥まで入れて横の隙間から手を入れて持ち上げろ」と、下は注意書きで「安土城開く時は十分注意しろ & くれぐれも110号まで作業終えて完成させてから載せろよ」と書かれています。

以上、要不要も含めて6800円という値段が妥当かどうか判断の別れる所では有るが、一種の祭みたいなもんだし個人的には良い買物だったかなと思う。
でも安土城載せてからは、きっと怖くてパカパカ開閉しないとも思う(笑)。


全く関係ないけど今日は猫の日!!
        ∧,,∧
      (´・ω・)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

デアゴスティーニ「安土城をつくる」108号 到着

de746.jpg
今号もメール便にて土曜日、午後1時前に到着。

内容は八角形外壁用柱×6・切欠き付き外壁用柱3種×計7・円柱形柱×4・宝珠柱×4・桁5種×計9・壁5種×計11・窓枠3種×計8・敷居2種×計2・桟敷戸×4・華頭窓×6・窓飾り×2・窓(華頭窓扉)×12・鴨居×1・手摺り×1・階段一式×計22・屋根瓦×1・鬼瓦(エッチングパーツ)×2・棟瓦×2・屋根型紙×1・野地板という名目の黒い厚紙×1。
・・・桟敷戸、そういう事出来るなら6階の扉も同じ様に出来んかったんかねぇ? (ー'`ー ; )
尚、チェックシート上には流石に屋根瓦の絵は載ってません(笑)。
また106号では「窓枠」と記載された物が、今回は「窓飾り」と書かれています。
で、その窓飾りなんだけど、ウチに届いた物はこんな事に成ってました。↓
    de747.jpg
1つのパーツが3つに割れ散った(赤丸で囲った物)、そのまんまでパッケージングされた模様。
ついでに該当部の上のヤツも端がびっちりブリスターに挟まれてて、下手すると開封時の衝撃で破損してしまいそう・・・だいじろうさんトコの106号よりはマシではあるが、こんなの パッと見たら一目で分かるだろうに。
デアゴ!! (゚Д゚)ゴルァ
検品しとらんのか?

マガジンは「御屋形様の子孫たち(3)」・・・だけ
106号同様、組立ガイド(ステップバイステップ)が見開き10Pに渡っております。
・・・、今回はその組立ガイドが間違ってるとの注意書きが別紙で同梱されてました。↓
    de748.jpg
一応表記内容は以下の通り。

 P4「塗装(1)」の1
   →「...階段踊り場 (41) (43) 以外の木製パーツは...」
   →「...階段踊り場 (39) (41) 以外の木製パーツは...」

 P5「塗装(2)」の4
   →「壁 (3) (7) (8) (24) (26) (27) 、」
   →「壁 (3) (7) (8) (24) (27) 、」

 P5「塗装(2)」の6
   →「柱 (34) と階段パーツ (32) (35) (36) (37) (38) (39) (42) 、」
   →「柱 (34) と階段パーツ (26) (32) (35) (36) (37) (38) (42) 、」

ん~、シリーズもオーラスを迎えて色々なチェックがザル状態に成っとるなぁ・・・いや、今迄ちゃんとしてたかっちゅうとそれもナニなんだけれども(苦笑)。


ウチは窓作りばっかりやってて飽きて来たので、プラ材工作と柱の下地処理なんかも平行して進めて居ります。
更新を2回に分けるかどうかは未だ決めて無いけど、少なくともカシュー処理の工程は二度に分けねばなるまいな。
亀の歩みには違いないけれど、毎日ちょっとずつでも進んでます。

それはそうと、悪友Ts君がノロにやられたらしい・・・って2年連続かいっ!!! Σ(゚Д゚ ;)
近年色んなトコでそんな話を聞く様には成ったとは言え、ヤツもワシ同様ロクな事が無いなぁ。
何はともあれ早急なる回復を祈る。(-人-)

皆様も拾い食い等の際はどうぞ御注意の程(爆)。


完結まで残り2号!!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : デアゴスティーニ 安土城をつくる 模型

プロフィール & 近況

うりざね (ダンナ)

Author:うりざね (ダンナ)
京都在住の自称愛妻家
獅子座 A型 姓名の総画23 数秘術33→6
紫微→命宮 宿曜=昴 魚王星 天王星-
"呑まない打たない買わない吸わない"と
四拍子揃った日曜日生まれのナイスガイ

<現在の工程=2階外壁周り>
第一次カシュー組 (柱&窓) の
ペーパーがけが終わったトコ

とうとうフォトラまで買ぉてしもたわ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
関連企業 勝手に応援リンク
築城互助会(笑) 相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
誰も使わないだろう QRコード
QRコード
しょっちゅう止まるぞ FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。